ドイツ連邦議会議事堂 (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
ドイツ連邦議会議事堂
ドイツの国会が置かれているところです。19世紀後半のドイツ帝国時代に建設された歴史的な国会議事堂の建物を前面に、モダンで斬新なデザインのドームが上部に映える、とても印象的な建物です。国会議事堂では、ドイツの近現代の重要な歴史が繰り広げられてきました。現在は、広く人々に開かれた国会議事堂で、セキュリティーチェックは厳重ですが、多くの人々が見学に訪れます。建物の見学のみならず、議会の様子を見学することもでき、ドイツの国民に開かれた政治を示しています。
歴史
1817年の統一ドイツ誕生後、長年をかけて国会議事堂建設の準備が進められ、1894年にようやく完成しました。当時、建物の上部にあったガラスと鉄製のドームは、時代を代表する建築物と認識されていました。ナチス・ドイツ時代の1933年に、火事で大きな被害を受け、その後、国会は近くのオペラ劇場に移されました。1943年のベルリン大空襲では壊滅的な被害を受け、建物は、ベルリン陥落の象徴となりました。戦後、西ドイツの首都はボンに置かれたため、部分修復が行われて展示会場としてのみ使われていました。東西ドイツ統一後、新たに国会議事堂として使われることになり、建築家ノーマン・フォスターにより大規模な修復工事が行われ、1999年に完成しました。

見どころ
歴史と未来への希望・決意・情熱が表現されているような建物は、見学の価値が十二分にあります。【屋上ドーム】最先端の技術が結集された上に、素晴らしく斬新なデザインです。ドーム内は通路に沿って、ぐるりと上がれるようになっており、眼下には国会を見ることができ、屋上では、ベルリンの素晴らしい眺めを楽しむことができます。ガラス張りのドームからは、自然光が入り、換気も施され、明るいながらも直射日光を防ぐように、ガラスが太陽の動きに合わせて角度を変えるシステムになっています。【建物内部】歴史的な建物の外観からは想像できないほど、明るく、開放的です。歴史や芸術の展示にも意識が配られ、ドイツのオープンな政治を象徴しています。

ドイツ連邦議会議事堂 (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
ドイツの国会が置かれているところです。19世紀後半のドイツ帝国時代に建設された歴史的な国会議事堂の建物を前面に、モダンで斬新なデザインのドームが上部に映える、とても印象的な建物です。国会議事堂では、ドイツの近現代の重要な歴史が繰り広げられてきました。現在は、広く人々に開かれた国会議事堂で、セキュリティーチェックは厳重ですが、多くの人々が見学に訪れます。建物の見学のみならず、議会の様子を見学することもでき、ドイツの国民に開かれた政治を示しています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜