イーストサイドギャラリー (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
イーストサイドギャラリーとは、1.3kmの壁画のギャラリーで、おそらく世界で最大の野外壁画のコレクションです。この壁画のある壁は、ベルリンを分断していたコンクリート壁の一部です。ドイツだけでなく、世界からのアーティストによる100以上の壁画があります。東西ドイツ統一直後に、アーチスト達が時代の変化を示し、自由の喜びと将来への希望を表現しました。
歴史
ベルリンの壁崩壊直後の1989-1990年、世界中のアーティストが集まり、ベルリンの壁の東側を壁画でうめました。ベルリンの壁は、西側の壁は白くペイントされていましたが、東側は、灰色の憂鬱なコンクリートの壁でした。この味気ない壁をアーティスト達がカラフルな色彩でうめ、この色彩そのものが自由の表現であり、ベルリンの象徴的な存在となりました。2006年には、壁の40m部分が、地域の開発上の理由で、いくぶん西側に移動されました。また、多くの壁画は、天候、落書き、公害などにより傷みが激しく、2009年より、段階的な修繕作業が行われています。

見どころ
20以上の国々からのアーティストが、希望、自由、政治的な主張などをテーマに描いた壁画は、時代を語るアートで、とても興味深いです。壁画とあわせて、壁そのものも、訪れる人々の関心を集めます。以前は、この壁がベルリンを囲み、人々の生活を分断し、この壁の両側では大いに異なる世界が存在したことに思いをはせることができます。Dimitri Vrubel作の「キス」(東ドイツのホーネッカー氏とソ連のブレジネフ氏がキスする絵)や、Thierry Noir作のカラフルな顔の絵などは、とても有名な作品です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ベルリンの人気アクティビティランキング

イーストサイドギャラリー (観光情報) | ベルリン観光| VELTRA(ベルトラ)

イーストサイドギャラリーとは、1.3kmの壁画のギャラリーで、おそらく世界で最大の野外壁画のコレクションです。この壁画のある壁は、ベルリンを分断していたコンクリート壁の一部です。ドイツだけでなく、世界からのアーティストによる100以上の壁画があります。東西ドイツ統一直後に、アーチスト達が時代の変化を示し、自由の喜びと将来への希望を表現しました。