ベルリン大聖堂 (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
ベルリン大聖堂
4.07
博物館の島近くにある、ベルリン大聖堂は、この場所に建てられた3つ目の教会です。イタリア・ネオルネッサンス様式の影響を多分に受けた、中央のドームを4つの塔が囲む建築です。高さ114mの大きなドームがひときわ目を引く、壮大で美しいプロテスタントの大聖堂です。プロテスタントにおいて、カトリックにおけるローマのサン・ピエトロ大聖堂にあたるとも例えられます。
歴史
1888年、ヴィルヘルム2世は国王となりましたが、当時、ベルリンはヨーロッパの主要な都市へと成長していました。人口も増加し、産業も発展し、街は繁栄し、国王は大きな影響力を持っていました。唯一、欠けていたのが、その威光にふさわしい大聖堂でした。1894年に、王の命で、以前あった教会が取り壊され、現在の大聖堂が、ユリウス・カール・ラッシュドーフの設計で、1894-1905年にかけて建設されました。第二次世界大戦では大きな被害を受け、改修工事が完成したのは1993年になってのことでした。

見どころ
大聖堂の内部は、改修工事により、以前と比べると大いに簡素化されたそうですが、それでも、緻密で、表現力のある多くの彫刻など、かなりの装飾が施されており、たいへん印象的です。【パイプオルガン】素晴らしい装飾彫刻が施された天井の元に、1905年作の7269本のパイプを持つパイプオルガンが再現されています。クラッシックなデザインが、荘厳さを感じさせます。【ドーム部分のモザイク】500,000片の8つのモザイク画は、一見の価値があります。【ドーム】およそ75mの高さのドームまで上がって行くことができ、ベルリンを見渡す素晴らしい眺めを楽しむことができます。

ベルリン大聖堂の新着体験談

持っていると安心

2019/12/25 ひとりで Hitomi♪

ポツダムへも行きたかったので、ABCゾーン+博物館島のセットにしました。
テーゲル空港のツーリストインフォメーションで交換し、空港から市内への移動で早速使うことができました。
博物館は優先入場になる訳ではありませんが、毎回チケットを買う... 続きを読む

閉じる

ここ、止まらないのー⁈

2019/12/24 ひとりで Taeko

ベルリン市内の観光スポットを日本語のオーディオガイドを聞きながら巡ることができるので、便利で効率的だと思いました。
バス停付近には、バスの色と同じような旗や上着を着た人が立っています。その人を探せばバス停が分かります。場所によっては、そう... 続きを読む

閉じる

1日では時間が足りない~

2019/11/17 家族 ちぇる~

ドイツ周遊でベルリン観光が1日だけあったので、観光ツアーと迷いましたが、日本語ガイドもあって使えるとおすすめされたので、こちらのバスチケットでまわることに。下調べ不足だったのかもですが、最初の出発地点でどこから乗るのかに迷ってしまった。もう... 続きを読む

閉じる

ツアー自体に問題ないとは思いますが・・・。

2019/11/17 家族 ちぇる~

ベルリン、個人ツアーでの滞在だった為、1日か半日観光ツアーにするか迷っていましたが、日本語ガイドもあるとおすすめされたので、こちらのパープルとイエローラインを利用してまわることに。イエローラインではいけなく、行きたい観光地があったのでパープ... 続きを読む

閉じる

結果的には

2019/09/18 カップル・夫婦 ハチ坊

チェコから鉄道でベルリン入りし、ベルリン中央駅でチケットを受け取りました。
場所もわかりやすく、対応して下さった方々とても丁寧でした。
その場でペルガモン博物館も予約して頂けました。
友達夫婦と4人で参加でしたが、地下鉄が思いのほか待... 続きを読む

閉じる

思っていた以上に便利!

2019/08/27 カップル・夫婦 りょう

観光スポット毎に乗り場があり、バスも10分おきに巡回するので、限られた時間での観光ではとても便利でした。観光当日はお天気にも恵まれたおかげで、2階席でとても気持ちよく街めぐりを楽しむことができました。

ベルリン大聖堂 (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
博物館の島近くにある、ベルリン大聖堂は、この場所に建てられた3つ目の教会です。イタリア・ネオルネッサンス様式の影響を多分に受けた、中央のドームを4つの塔が囲む建築です。高さ114mの大きなドームがひときわ目を引く、壮大で美しいプロテスタントの大聖堂です。プロテスタントにおいて、カトリックにおけるローマのサン・ピエトロ大聖堂にあたるとも例えられます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜