ベルリンの壁記念センター (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
ベルリンの中心部、ベアナウアー通り(Bernauer Strasse)にあります。撤去されず残されているベルリンの壁と、壁のあった場所を示す鉄の杭は、他にも意図的に残されている歴史の遺物とともに、ドイツ東西分断時代の日常生活の様子をリアルに感じ、想像させられるアウトドアの歴史的サイトです。通りを挟んですぐの場所にあるドキュメンテーションセンターでは、壁の建築の歴史や当時の分断された街の様子についての詳しい展示があります。展望台もあり、そこからは、残されたベルリンの壁、記念碑などを見渡すことができます。
歴史
ベルリンの壁は、1961-1989年まで、ベルリンの街を分断しました。最初は、東ドイツから西ドイツへの人々の移動を妨げるための有刺鉄線で始まりました。わずか数日で、境界線に有刺鉄線が張り巡らされました。その後、有刺鉄線は厚いコンクリートの壁に変わり、それでも、政府は人々の移動(逃亡)を防ぐことはできず、対策はさらに厳しいものへと発展しました。ベルリンの壁は、2つの壁となり、2つの壁の間には兵士が待機・監視するゾーンが設けられました。多くの人々が、命がけの脱出を試み、少なからぬ数の人々が命を失いました。

見どころ
多くの人が、ベルリンの壁について耳にしたり、写真や映像で見たことがあると思いますが、実際の壁(取り除かれた部分には鉄杭)を目にし、分断を目にすることは、やはり強烈な経験となります。【記念碑】オリジナルの壁(外壁・内壁)と、監視塔、2つの壁の間の監視ゾーンの様子が、70mに渡って残されています。過去の現実がたいへんリアルに感じられます。【和解の礼拝堂】監視ゾーンにあったため爆破された教会跡に「和解の礼拝堂」が建てられています。ベルリンの壁で犠牲になった人々の追悼式が定期的に行われています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ベルリンの人気アクティビティランキング

ベルリンの壁記念センター (観光情報) | ベルリン観光| VELTRA(ベルトラ)

ベルリンの中心部、ベアナウアー通り(Bernauer Strasse)にあります。撤去されず残されているベルリンの壁と、壁のあった場所を示す鉄の杭は、他にも意図的に残されている歴史の遺物とともに、ドイツ東西分断時代の日常生活の様子をリアルに感じ、想像させられるアウトドアの歴史的サイトです。通りを挟んですぐの場所にあるドキュメンテーションセンターでは、壁の建築の歴史や当時の分断された街の様子についての詳しい展示があります。展望台もあり、そこからは、残されたベルリンの壁、記念碑などを見渡すことができます。