テロのトポグラフィー (観光情報) (観光情報) | ベルリン観光 VELTRA(ベルトラ)
ベルリンのNiederkirchenstrasse にある歴史博物館で、アウトドアとインドアの施設を持ちます。ここには、1933-1945年まで、ナチスのゲシュタポ(秘密国家警察)とSS(ナチス親衛隊)の本部が置かれていました。ナチ政権下の弾圧、ナチスの犯した犯罪について記録する博物館で、展示を通じて、弾圧にあった人々について、ナチの使ったプロバガンダと恐怖政治について詳しく知ることができます。また、ナチに使用された建物跡も一般公開されています。
歴史
ゲシュタポとSSがあった建物の大部分は、第二次世界大戦の空爆で破壊され、戦後、廃墟は撤去されていました。ソ連領とアメリカ領の境界が、この辺りにあったため、ベルリンの壁が築かれ、この場所は半ば忘れらた存在となっていました。1980年代に入って、徐々にベルリンの歴史的な記憶が再確認されるようになり、調査・発掘が開始されました。1987年に、最初の展示が行われました。東西ドイツ統一後、新たにドキュメンテーションセンターが建設され、歴史的なサイトとともに、2010年5月に一般公開されました。

見どころ
【展示】博物館のエントランスからは、撤去されずに残されているベルリンの壁を見ることができます。発掘されたナチの本部の地下室の壁を使って、野外展示が施されています。ナチスの恐怖政治、ゲシュタポ、SSの機能がどのように発展し、どのようなものであったかが示してあります。【ガイドツアー】ナチスの強制労働所だった「バラック13」が、歴史的重要建築として保存されています。ガイドツアーに参加することで見学できます。強制労働所の生活がどのようなものであったかも展示されています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ベルリンの人気アクティビティランキング

テロのトポグラフィー (観光情報) | ベルリン観光| VELTRA(ベルトラ)

ベルリンのNiederkirchenstrasse にある歴史博物館で、アウトドアとインドアの施設を持ちます。ここには、1933-1945年まで、ナチスのゲシュタポ(秘密国家警察)とSS(ナチス親衛隊)の本部が置かれていました。ナチ政権下の弾圧、ナチスの犯した犯罪について記録する博物館で、展示を通じて、弾圧にあった人々について、ナチの使ったプロバガンダと恐怖政治について詳しく知ることができます。また、ナチに使用された建物跡も一般公開されています。