フランクフルト大聖堂の正式名は、バルトロメウス大聖堂(Kaiserdom Sankt Bartholom?us)です。フランクフルトの中心にある、ローマカトリックのゴシック様式の教会です。大聖堂の尖塔は95mの高さです。教会に設置されているパイプオルガンは、ドイツで最大の一つに数えられます。大聖堂には、実際には、司教が置かれたことはないのですが、ドイツの皇帝・国王が、この教会で戴冠されたことから、18世紀に大聖堂というタイトルが与えられました。大聖堂の外観も内部も、厳かで、美しく、見応えがあります。夜は、美しくライトアップされます。
歴史
フランクフル大聖堂は、13世紀に、以前にあった教会の基礎の上に、5番目の教会として建設され、聖バルトロメウスに捧げられました。1356年からは、ここで、ドイツの国王(皇帝)が選ばれ、1562~1792年には、神聖ローマ帝国の皇帝が戴冠されました。1867年、大聖堂は、火事で崩壊したため、新たに、現在のスタイルで建設されました。第二次世界大戦では、フランクフルトは壊滅的な被害を受け、大聖堂も大きく破壊し、内部はほぼ全焼しました。現在の大聖堂は、1950年代に再建されたものです。

見どころ
【Maria Schlaff Altar】 聖母礼拝堂にあり、1434年に作られたものです。使徒に囲まれて死にゆく聖母が描かれている厳かな祭壇です。【聖歌隊席】聖歌隊席は、1352年に作られたもので、一見の価値があります。【Wahlkapelle】7人の選出人が集まって、新しい皇帝を選出した歴史的な礼拝堂です。選出人が実際に座った椅子を見ることができます。【尖塔からの眺め 】大聖堂の右手にあるドアから、328段の階段を上がると、フランクフルトの素晴らしい景色を眺めることができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フランクフルトの人気アクティビティランキング

大聖堂(フランクフルト) (観光情報) | フランクフルト観光| VELTRA(ベルトラ)

フランクフルト大聖堂の正式名は、バルトロメウス大聖堂(Kaiserdom Sankt Bartholom?us)です。フランクフルトの中心にある、ローマカトリックのゴシック様式の教会です。大聖堂の尖塔は95mの高さです。教会に設置されているパイプオルガンは、ドイツで最大の一つに数えられます。大聖堂には、実際には、司教が置かれたことはないのですが、ドイツの皇帝・国王が、この教会で戴冠されたことから、18世紀に大聖堂というタイトルが与えられました。大聖堂の外観も内部も、厳かで、美しく、見応えがあります。夜は、美しくライトアップされます。