レーマー広場 (観光情報) (観光情報) | フランクフルト観光 VELTRA(ベルトラ)
レーマー広場(R・merberg)は、フランフルトの旧市街(Altstadt)にある美しい広場です。レーマー(R・mer)と呼ばれる旧市庁舎は、広場で、最も歴史的で有名な建物で、階段式切妻屋根の美しいゴシック建築です。広場の東側にある6軒の木造建物は、ハーフティンバーの木の作りが魅力的です。それぞれに名前がつけられており、建物への誇りと愛着が感じられます。広場の中央には「正義の泉」が立っており、その他、歴史博物館や、アルテ・ニコライ教会があります。美しいレーマー広場は、歴史と伝統の趣が深く、是非、訪れたいフランクフルトの観光スポットです。
歴史
レーマー広場では、9世紀以来、市場、フェアー、トーナメント、フェスティバル、刑の執行、選挙等、様々な催しが開かれてきました。現在の「フラウンクフルトメッセ」や「ブックフェアー」は、その歴史を示す一例です。16世紀には、神聖ローマ帝国(ドイツ)で、最も美しい広場と考えれられていました。広場の中央にある「正義の泉」は、この時代の1543年に建立されました。レーマー広場は、第二次世界大戦の際に、ほぼ完全に破壊されました。現在の建物の多くは、戦後に復元されたものです。

見どころ
【レーマー(旧市庁舎)】15世紀からフランクフルトの市庁舎が置かれています。旧市庁舎とは言え、博物館ではなく、現在も、結婚式や市民登録などを行う機関が置かれています。2階には、神聖ローマ帝国皇帝の戴冠の祝宴が開かれた「皇帝の間(Kaisersaal)」があり、神聖ローマ帝国皇帝52人の肖像画が飾れらています。【歴史博物館】歴史博物館では、異なる時代のレーマー広場の様子を示した模型を見ることができます。【アルテ・ニコライ教会】11世紀に建立された教会で、現在の建物は15世紀半ばのものと考えられます。第二次世界大戦時の被害を比較的うけなかった教会です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フランクフルトの人気アクティビティランキング

レーマー広場 (観光情報) | フランクフルト観光| VELTRA(ベルトラ)

レーマー広場(R・merberg)は、フランフルトの旧市街(Altstadt)にある美しい広場です。レーマー(R・mer)と呼ばれる旧市庁舎は、広場で、最も歴史的で有名な建物で、階段式切妻屋根の美しいゴシック建築です。広場の東側にある6軒の木造建物は、ハーフティンバーの木の作りが魅力的です。それぞれに名前がつけられており、建物への誇りと愛着が感じられます。広場の中央には「正義の泉」が立っており、その他、歴史博物館や、アルテ・ニコライ教会があります。美しいレーマー広場は、歴史と伝統の趣が深く、是非、訪れたいフランクフルトの観光スポットです。