欧州中央銀行 (観光情報) (観光情報) | フランクフルト観光 VELTRA(ベルトラ)
欧州中央銀行は、ユーロ通貨圏の通貨と金融政策を担当する中央銀行です。ユーロ通貨圏は、世界で最大の通貨圏の一つであり、欧州中央銀行は、世界で最も重要な金融機関の一つです。本銀行は、ドイツ連邦銀行のモデルに組織されています。初代のオランダ人総裁、第2代のフランス人総裁に続いて、現在は、第3代総裁として、イタリア人のマリオ・ドラギ氏が就任しています。本部である建物は、ユーロ圏の金融の中心であるフランクフルトにあり、2014年に完成した新しい欧州中央銀行の建物は、新しいランドマーク・観光スポットにもなっています。
歴史
欧州中央銀行は、1998年6月1日に設立されました。現在の新しい建物に移るまでは、同じくフランクフルトにあるユーロタワーが本店として使用されていました。1999年に新しくビルを建築するための国際コンテストが行われ、オーストリアの設計事務所コープ・ヒンメルブラウが選ばれました。新オフィスビルと関連施設の建築、旧市場の建物Grosmarkthalleの改築、そして、すべての建築物を融合するという大工事が、2008年10月に開始し、2014年に完了しました。

見どころ
フランクフルトを流れるマイン川近くにある欧州中央銀行の建物は、2つの棟からなる建物で、北棟は高さ185m、南棟は165mの高さで、それぞれ45階、43階建です。2つの棟はアトリウムで繋がれており、 3階、15階、27階、38階で、2つの棟の間を行き来できるようになっています。建物は、ガラスとスチール製のモダンなデザインです。また、高層の建物と、旧市場であるGrossmarkthalle(1926~1928年建築)の横長い建物が、見事に調和しています。大きなユーロのマークが正面に置かれ、欧州中央銀行に相応しい、とても印象的な建物です。
2アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    EU中央銀行がある欧州の金融センター、そしてソーセージでも有名なフランクフルトは、ちょっと足を踏み入れるとローマ時代から近代、現代に至るまでの史跡で溢れています。カメラを手に、雰囲気や位置関係をガイドにみっちり教えてもらいましょう!
    日本語対応あり

    EUR89.00

    月, 火, 水, 木, 金, 土
    3.5時間 (午前)
  2. No.2
    フランクフルトの良さを凝縮した2時間のコンパクトツアー!ドイツ皇帝の戴冠式が行われた場所、また欧州中央銀行のある金融センターと今と昔の顔を持つフランクフルトをたっぷりと堪能していただけるバスツアーです。
    送迎付き

    EUR28.50

    毎日
    2.5 ~ 3.5時間 (午前, 午後)

フランクフルトの人気アクティビティランキング

欧州中央銀行 (観光情報) | フランクフルト観光| VELTRA(ベルトラ)

欧州中央銀行は、ユーロ通貨圏の通貨と金融政策を担当する中央銀行です。ユーロ通貨圏は、世界で最大の通貨圏の一つであり、欧州中央銀行は、世界で最も重要な金融機関の一つです。本銀行は、ドイツ連邦銀行のモデルに組織されています。初代のオランダ人総裁、第2代のフランス人総裁に続いて、現在は、第3代総裁として、イタリア人のマリオ・ドラギ氏が就任しています。本部である建物は、ユーロ圏の金融の中心であるフランクフルトにあり、2014年に完成した新しい欧州中央銀行の建物は、新しいランドマーク・観光スポットにもなっています。