ゲーテハウス (観光情報) (観光情報) | フランクフルト観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報
ゲーテハウス
3.10
ゲーテハウスは、フランクフルトの中心部にあります。ドイツを代表する文豪ゲーテの生まれ育った家で、18世紀のフランクフルトの比較的豊かな、中産階級の典型的な家と言えます。4階建ての建物は、ゲーテ家が住んでいた頃の形になるべく近く、注意深く復元されており、当時の様子が伺われるように、家具や装飾・調度品が置かれています。ゲーテハウスの隣には、ゲーテ博物館もあります。また、近くには、ユダユ人のゲットーがあった場所や、墓地などもあり、ゲーテの時代のフランクフルトを察することができます。
歴史
ゲーテハウスは、1600年頃の建築物で、1733年に、ゲーテの祖母が購入しました。元々は、2軒の家でしたが、1755年に、ゲーテの父により、改築され、現在のような形になりました。1749年に、ゲーテはこの家で誕生し、1765年に、学問のためにライプツィヒに移るまで、この家に両親と妹ともに住んでいました。ゲーテ家が、この家を1795年に離れた後は、他の所有者が住んでいました。1863年に、地理学者オットー・フォルガーが購入し、ゲーテ家の家を正確に復元し、記念として残すことにしました。第二次世界大戦では、ゲーテハウスも大きく破壊されましたが、1947~1951年に修復工事が行われました。

見どころ
文豪ゲーテは、かの有名な「ファウスト」のアイデアをこの家で育みました。また、初期の有名な詩や劇も、この家で書かれました。ゲーテハウスの4階には、ゲーテの部屋が復元されており、彼が机について執筆をしている様子を想像することができます。3階には、ゲーテが誕生した部屋や、彼が収集した絵画を展示した部屋や、図書室があります。1階、2階は、当時のゲーテ家と中産階級の比較的豊かな生活が窺われ、文豪を生んだ環境を見て取れて興味深いです。

ゲーテハウスの新着体験談

二週目はバスでお昼寝〜

2019/12/08 ひとりで キルト

日本語のオーディオはきちんと聞こえましたが、通過時どの建物を指しているのかが微妙に分かりずらかったです。また「チケットはどのバス停でも受け取り可」という意味が分からず(バス停には人いません)検索したところベルトラの別のサイトでETS TOU... 続きを読む

閉じる

いまいちでした。

2019/06/20 カップル・夫婦 tomi

日本語のオーディガイドがあり良かったのですが、降りるタイミングがわかりにくかったのと、 30分に1本だとは思っていなかったし、 ゲーテハウスにもとまらなかった。
出発地の聖パウロ教会前で係員に聞くと、ここから歩いて行けといわれました。
... 続きを読む

閉じる

たまたまかもしれませんが

2019/05/19 家族 sasa

乗り降り自由と言いながら、レーマー広場近くの停留所でしか乗り降りできず、非常に不便でした。
しかも、途中でデモに遭遇し、30分くらい立ち往生してしまいけっこうな時間のロスに。
いずれにしてもあまり見所もないので、利用しなくても良かったか... 続きを読む

閉じる

それなりに

2019/05/14 カップル・夫婦 のんこ

帰国日の予定が何もなかったので予約してみました。それも、前日にフランクフルト中央駅に降り立ち信号待ちしていたら楽しそうに乗車している観光客をみて、予約してみようと思ったのがきっかけです。
予約当日、フランクフルト中央駅からバウチャーを運転手... 続きを読む

閉じる

時間がない時の市内観光に

2018/12/11 友達・同僚 ゴンザ

今回、午前中しか時間がなかったので、このバスで一周しました。雨も降っていたし、日本語の説明があって良かったと思います。ただ、移動に使うには、タイムテーブルも停留所もわかりにくく、その点は残念でした。

便利です

2018/11/02 カップル・夫婦 Eddy

短時間で街全体を回ってくれるのでとりあえず1回乗れば街の雰囲気が分かります。フランクフルトは小さい街で行くところは限られてますのでその後はタクシー代わりに利用できます。

ゲーテハウス (観光情報) (観光情報) | フランクフルト観光 VELTRA(ベルトラ)
ゲーテハウスは、フランクフルトの中心部にあります。ドイツを代表する文豪ゲーテの生まれ育った家で、18世紀のフランクフルトの比較的豊かな、中産階級の典型的な家と言えます。4階建ての建物は、ゲーテ家が住んでいた頃の形になるべく近く、注意深く復元されており、当時の様子が伺われるように、家具や装飾・調度品が置かれています。ゲーテハウスの隣には、ゲーテ博物館もあります。また、近くには、ユダユ人のゲットーがあった場所や、墓地などもあり、ゲーテの時代のフランクフルトを察することができます。