エッシェンハイマー塔は、中世のフランクフルトを囲む城壁(要塞)の一部であり、市への門/見張り塔でした。15世紀初めに建てられた塔は、フランクフルトにある最も古い建物で、ほとんどの建物が再建設されているフランクフルト中心部において、ほとんどオリジナルのまま残っている貴重な建物です。エッシェンハイマー塔は、高さ47mで、8階と2つのレベルの屋根裏があります。塔の上部では、市を危険から守る護衛が見張りにつき、2階部分には、護衛の住居(休憩室)も備えられていました。今では、フランクフルトの最も有名なランドマークの一つです。
歴史
14世紀の初め、フランクフルトは市を拡大する必要があり、Newstadt(新しい街)の建設が行われ、続いて、この新しい街を守るための城壁の建築が行われました。エッシェンハイマー塔は、1346年建設の塔に代わる塔として、1426-1428年に建設されました。1806-1812年に、旧市街の城壁が造り替えられた際、この塔は壊されることになっていましたが、当時のフランス大使の抗議により記念建築物として残されることになりました。約60あった塔のうち、残されたのは、エッシェンハイマー塔を含む3つの塔のみです。

見どころ
多くの建物が復元、あるいは新築されているフランクフルトにおいて、中世からのオリジナルの建物を見ることができる貴重な塔です。多くの近代ビルの中でもしっかりと存在感を示し、確かな歴史を感じ取ることができます。夜に見るエッシェンハイマー塔は、少しライトアップされて、より中世の塔の雰囲気が感じられます。現在は、1階と2階の護衛達が休憩などに使った暖炉のある部屋は、バー・レストランになっています。塔の中も、特別な雰囲気があります。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フランクフルトの人気アクティビティランキング

エッシェンハイマー塔 (観光情報) | フランクフルト観光| VELTRA(ベルトラ)

エッシェンハイマー塔は、中世のフランクフルトを囲む城壁(要塞)の一部であり、市への門/見張り塔でした。15世紀初めに建てられた塔は、フランクフルトにある最も古い建物で、ほとんどの建物が再建設されているフランクフルト中心部において、ほとんどオリジナルのまま残っている貴重な建物です。エッシェンハイマー塔は、高さ47mで、8階と2つのレベルの屋根裏があります。塔の上部では、市を危険から守る護衛が見張りにつき、2階部分には、護衛の住居(休憩室)も備えられていました。今では、フランクフルトの最も有名なランドマークの一つです。