フランクフルトの旧市街にあり、ドイツのみならず世界をリードするモダンアート美術館(MMK)の一つです。美術館は、MMK1/2/3 とあり、3つのサイトに分かれています。1と3は旧市街にあり、2は、金融街にあります。本館(1)の建物は、ユニークな3角形をしており、一切れのケーキのように見えることから「トルテンシュトゥック」(ドイツ語で「一切れのケーキ」)というニックネームがついています。1960年代から現在にいたるまでの国内外の傑作が集められており、開館以来、多くの愛好家が訪れ、高い評価を受けています。
歴史
モダンアート美術館は、フランクフルトの美術館の中では新顔で、1981年に創設され、1991年にオープンしました。本館の建物は、ウイーンの建築家Hans  Hollein氏の設計によるものです。MMK3は、1927年建築の旧税関事務所を使っています。2007年以来、主に、新進の若い芸術家達の作品の展示をしています。MMK2は、高層ビル・タウヌスタワー(TaunusTurm)内に、2014年秋にオープンし、最新の収集作品と最新作が展示されています。

見どころ
【MMK1】 本館では、常設展を中心に展示が行われていますが、多彩かつ注目を集める特別展も同時に行われています。常設展のハイライトは、ジョセフ・ボイス、アンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンスタイン、ダグラス・ゴードン、オン・カワラ等々の作品です。【MMK2】 新しい作品に焦点を当てて、年に2回、新しい展示会を開催します。【MMK3】 本館の向かい側にあり、新進の芸術家や、未だ無名に近い芸術家達の作品を鑑賞することができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フランクフルトの人気アクティビティランキング

モダンアート美術館 (観光情報) | フランクフルト観光| VELTRA(ベルトラ)

フランクフルトの旧市街にあり、ドイツのみならず世界をリードするモダンアート美術館(MMK)の一つです。美術館は、MMK1/2/3 とあり、3つのサイトに分かれています。1と3は旧市街にあり、2は、金融街にあります。本館(1)の建物は、ユニークな3角形をしており、一切れのケーキのように見えることから「トルテンシュトゥック」(ドイツ語で「一切れのケーキ」)というニックネームがついています。1960年代から現在にいたるまでの国内外の傑作が集められており、開館以来、多くの愛好家が訪れ、高い評価を受けています。