アルテ・オパ (観光情報) (観光情報) | フランクフルト観光 VELTRA(ベルトラ)
フランクフルトの中心部、金融街の近くにある旧オペラ座です。第2次世界大戦後で破壊された後、市民の強い願いで再建されました。ネオ・ルネッサンス様式の建物は、外観とロビーは、戦前とほぼ同じに再建されました。けれども、内部は、オペラ劇場としてではなく多目的なコンサートホールになっています。現在は、オペラは、フランクフルトの新オペラ劇場で上演されています。大ホールはの収容人数は2500人、室内楽演奏などに使われる700人収容のモーツアルトホール(Mozart-Saal)があります。
歴史
アルテ・オパは、1880年、ドイツ人建築家Richard Lucae氏の設計で建設された歌劇場です。当時の客席数は2010席で、初演は、1880年10月20日、モーツアルトの「ドン・ジョバンニ」が上演されました。ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世と皇太子も鑑賞し、大変感激したと記録されています。第二次世界大戦で破壊される以前は、この歌劇場では、ワーグナー、リヒャルト・シュトラウス、プッチーニ、カール・オルフらの著名なオペラが次々と上演されました。戦後の再建後、初の公演は1981年で、マーラーの交響曲8番が演奏され、「アルテ・オパ(旧オペラ座)」として、再オープンしました。

見どころ
市民にこよなく愛され、多くの寄付金が寄せられて再建されたアルテ・オパは、ネオ・ルネッサンス様式のたいへん美しい建物です。第二次世界大戦で破壊される前のオリジナルのオペラハウスも、当時としては珍しく、市民の資金で建設された建物でした。フランクフルトの人々と音楽・オペラ座との深いつながりを感じます。アルテ・オパの前には広場があり、美しい噴水もあります。夜は、建物と噴水がライトアップされ、異なる美しさが演出されます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フランクフルトの人気アクティビティランキング

アルテ・オパ (観光情報) | フランクフルト観光| VELTRA(ベルトラ)

フランクフルトの中心部、金融街の近くにある旧オペラ座です。第2次世界大戦後で破壊された後、市民の強い願いで再建されました。ネオ・ルネッサンス様式の建物は、外観とロビーは、戦前とほぼ同じに再建されました。けれども、内部は、オペラ劇場としてではなく多目的なコンサートホールになっています。現在は、オペラは、フランクフルトの新オペラ劇場で上演されています。大ホールはの収容人数は2500人、室内楽演奏などに使われる700人収容のモーツアルトホール(Mozart-Saal)があります。