世界文化美術館 (観光情報) (観光情報) | フランクフルト観光 VELTRA(ベルトラ)
世界文化美術館は、フランクフルトの博物館エリア(Museumsufer)にあります。Schaumainkai通りにある、20世紀初頭の建物が博物館となっています。世界の全大陸から収集された67,000点以上のアイテム、100,000点以上の民族的な写真やフィルム、50,000冊以上のインターナショナルな書物やジャーナルなどを所有しています。博物館の特筆すべき特徴は、民俗学的リサーチ、前衛的な芸術の実施、実験的な調査・解釈方法、教育などを独立した個々の活動にとどめず、互いに関わり合うことを促進し、実りある効果を生み出すことを試みていることです。
歴史
1904年に、フランクフルト市に寄贈されていた民俗学的収集品を展示する博物館として、Bernhard Hagen氏により創設されました。1908年には、所蔵品の増加に伴い、Palais Thurn und Taxis に移動しました。1930年代の終わりには、フランクフルトで最も訪れる人の多い博物館でした。1940年には、第二次世界大戦の戦禍を免れるために、博物館の大半の所蔵品は、他の地方に移され無事でしたが、博物館の建物は空襲で破壊されました。1966年から博物館は、フランクフルト市に運営されるようになり、1973年には、現在の場所で展示が行われるようになりました。

見どころ
フランクフルトは、ヨーロッパの中心に位置していう地の利もあり、数百年に渡って、国際的な交易の重要な役割を果たしてきました。このことは、フランクフルトを他に類を見ない、多様な文化を持つ国際都市としました。世界文化美術館が、フランクフルトに100年以上も前から誕生していることは、決して、偶然ではありません。美術館の多様なコレクションから、そのことを伺うことができます。また、様々な文化の交歓や理解を生み出す場としての、博物館の自負心も感じられます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フランクフルトの人気アクティビティランキング

世界文化美術館 (観光情報) | フランクフルト観光| VELTRA(ベルトラ)

世界文化美術館は、フランクフルトの博物館エリア(Museumsufer)にあります。Schaumainkai通りにある、20世紀初頭の建物が博物館となっています。世界の全大陸から収集された67,000点以上のアイテム、100,000点以上の民族的な写真やフィルム、50,000冊以上のインターナショナルな書物やジャーナルなどを所有しています。博物館の特筆すべき特徴は、民俗学的リサーチ、前衛的な芸術の実施、実験的な調査・解釈方法、教育などを独立した個々の活動にとどめず、互いに関わり合うことを促進し、実りある効果を生み出すことを試みていることです。