フランクフルトの中心街にある56階建て、高さ259m(アンテナを含めえると約300m)の高層ビルです。現在、フランクフルトで最も高い、欧州連合(EU)で2番目に高いビルです。コメルツ銀行の本社があるビルは、121,000㎡のオフォススペースがあります。ビル内には庭があり、そこからは自然採光が取り入れられ、空気循環の優れた建物です。近辺には、ユーロタワー、マインタワー、ジャパンセンターなどの高層ビルが立ち並んでいます。
歴史
1994年から1997年にかけて建設されました。設計は、マレーシアのMBFタワーや、ロンドンの市庁舎ビルも手がけた、イギリス人建築家ノーマン・フォスター氏によります。フォスター氏の設計は、エネルギー使用量を抑える環境に優しいもので、1990年代初期にフランクフルトの政権にあったグリーン党の後押しを受けて、世界初の「グリーン・ビルディング」として完成しました。ビル内の「スカイガーデン」の他、冷暖房にも省エネ対策の機器が取り入れられました。

見どころ
環境先進国ドイツならではの建物です。高さ259mを貫くアトリウムがビル中央にあり、ビルは9階ごとに分けられ、その間に「スカイガーデン」が作られています。スカイガーデンの窓からは、自然の光が差し込み、新鮮な空気がビル内を循環します。それまで主流であったコンクリート製ではなく、ドイツで初めてのスチール製の建物です。夜は、Thomas Ende氏デザインによる黄色いライトで飾られます。1階の社員食堂が一般にも公開されているので、ビルの見学と兼ねて訪れてみてください。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フランクフルトの人気アクティビティランキング

コメルツ銀行タワー (観光情報) | フランクフルト観光| VELTRA(ベルトラ)

フランクフルトの中心街にある56階建て、高さ259m(アンテナを含めえると約300m)の高層ビルです。現在、フランクフルトで最も高い、欧州連合(EU)で2番目に高いビルです。コメルツ銀行の本社があるビルは、121,000㎡のオフォススペースがあります。ビル内には庭があり、そこからは自然採光が取り入れられ、空気循環の優れた建物です。近辺には、ユーロタワー、マインタワー、ジャパンセンターなどの高層ビルが立ち並んでいます。