フラウンフルトの博物館エリア(Museumsufer)にあり、博物館エリアにできた最初の博物館です。常設展では、人類の歴史におけるコミュニケーションの広がりや発展について、郵便、電報、電話、ラジオ、テレビ、コンピューターなど様々なコミュニケーション方法について、新しい情報通信メディアとその技術や文化などについての展示を見ることができます。特別展では、より抽象的に捉えたコミュニケーションに焦点があてられています。一階には、カフェやミュージアムショップがあります。
歴史
1958年1月に、まず、国立郵便博物館としてオープンしました。現在の透明なガラス張りのモダンな4階建ての博物館は、ドイツ人建築家G?nter Behnisch氏の設計により建設されました。現在の建物への移動にともない、新たな名前「ドイツ情報通信博物館」がつけられ、1990年にあらたにオープンしました。新しい博物館では、インターアクティブなプログラムや、ワークショップなども用意されています。

見どころ
新旧の通信技術について詳しく、分かりやすく展示されています。コミュニケーション手段の変化が激しい今、あらためてコミュニケーション技術や文化の変化について学べ、興味深いです。また、前身が郵便博物館だったこともあり、世界最大の切手コレクションと、最大のコミュニケーション関連のアートコレクションがあることも注目です。アートコレクションには、絵画、彫刻、写真、17世紀から21世紀のメディアアートが含まれます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フランクフルトの人気アクティビティランキング

ドイツ情報通信博物館 (観光情報) | フランクフルト観光| VELTRA(ベルトラ)

フラウンフルトの博物館エリア(Museumsufer)にあり、博物館エリアにできた最初の博物館です。常設展では、人類の歴史におけるコミュニケーションの広がりや発展について、郵便、電報、電話、ラジオ、テレビ、コンピューターなど様々なコミュニケーション方法について、新しい情報通信メディアとその技術や文化などについての展示を見ることができます。特別展では、より抽象的に捉えたコミュニケーションに焦点があてられています。一階には、カフェやミュージアムショップがあります。