フランクフルト考古学博物館の建物は、旧カルメル修道院の美しい建物で、近年、建築家Josef Paul Kleihues氏により別館が加えられました。博物館は、フランクフルトと周辺地域の、先史時代から、ローマ時代、中世、現代までの考古学的調査、知識の収集、発見された遺物の展示を担っています。フランクフルト大聖堂の考古学の庭も、フランクフルト考古学博物館の一部です。考古学のみに焦点を当てた、ドイツにおいて数少ない博物館の一つです。
歴史
博物館の歴史は、19世紀の終わりまで遡ります。最初は、フランクフルト歴史博物館の考古学部門でしたが、1937年に独立しました。第二次世界大戦中には、閉館を余儀なくされ、コレクションの一部も破壊されてしまいましたが、1954年には、展示が再開されました。続く20年ほどの間に、大規模な発掘調査が行われ、それに伴い展示会場も拡大され、1969年には、現在の場所に移動しました。2002年より、フランクフルト考古学博物館という名称になっています。

見どころ
【建物】フランクフルト考古学博物館の建物のである、旧カルメル修道院の建物は、フランクフルトで数少ない中世からの後期ゴシック様式の建物です。修道院のJ?rg Ratgebの壁画は、重要なルネッサンス壁画の一つです。【常設展】狩猟時代の文化、新石器時代のフランクフルトの最初の農夫、ケルト人、ローマ人、ゴート人、ゲルマン種族について、オリジナルの発掘品や写真とともに展示されています。古代オリエント、アンテイーク工芸品などの展示もあります。【フランクフルト大聖堂・考古学の庭】ローマ軍のキャンプ跡、9、10世紀のカロリング/オットー帝の宮殿跡などを見ることができる貴重な古学遺産です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フランクフルトの人気アクティビティランキング

フランクフルト考古学博物館 (観光情報) | フランクフルト観光| VELTRA(ベルトラ)

フランクフルト考古学博物館の建物は、旧カルメル修道院の美しい建物で、近年、建築家Josef Paul Kleihues氏により別館が加えられました。博物館は、フランクフルトと周辺地域の、先史時代から、ローマ時代、中世、現代までの考古学的調査、知識の収集、発見された遺物の展示を担っています。フランクフルト大聖堂の考古学の庭も、フランクフルト考古学博物館の一部です。考古学のみに焦点を当てた、ドイツにおいて数少ない博物館の一つです。