アルテ・ピナコテーク (観光情報) (観光情報) | ミュンヘン観光 VELTRA(ベルトラ)
美術館の建物は、ネオ・ルネッサンス様式で、1826年に、12世紀からバイエルン地方を統治したヴィッテルスバッハ王家が、絵画コレクションを展示する目的で建築しました。アルテ・ピナコテークは、「古い絵画館」という意味です。この意味のとおり、世界最古の絵画美術館の一つであり、ヨーロッパの多くのオールドマスター(18世紀以前の優れた画家)の有名作品を所蔵しています。これらの作品のほとんどは、ヴィッテルスバッハ王家が、16世紀から歴代に渡って、収集していたコレクションです。
歴史
アルテ・ピノコテークは、ルートヴィッヒ1世(1825-1848)の命で、1826年に、宮廷建築家レオ・フォン・クレンチェの設計で着工し、1836年に開館しました。この建物は、現代のファンクショナル美術館に近い造りで、当時、他に類を見ない極めてモダンなもので、以降の美術館造りに影響を与えました。ローマ、セント・ピータースブルグ、ブリュッセルに作られた美術館のモデルにもなりました。第二次世界大戦では大きな被害を受けましたが、修復が行われ、1950年代に、再オープンを果たしました。

見どころ
【ルーベンス】アルテ・ピナコテークは、世界でも最大のルーベンスのコレクションを所蔵しています。この美術館は、最も大きな絵画の一つである、ルーベンスの「最後の審判」を展示できるように設計されたそうです。【ドイツの古典】16世紀のアルトドルファーの「アレクサンドロス大王の戦い」は代表的な歴史絵画です。アルブレヒト・デューラーの「自画像」やルターの宗教改革時に描かれた作品「四人の使徒」も見逃せません。【その他】ビュルーゲルなどのフランドル画家や、フラン・ハルスなどのオランダ人画家、フランス、スペイン、イタリアの巨匠を含む、中世からロココ時代の終わりまでの、ヨーロッパの800以上の傑作を鑑賞することができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ミュンヘンの人気アクティビティランキング

アルテ・ピナコテーク (観光情報) | ミュンヘン観光| VELTRA(ベルトラ)

美術館の建物は、ネオ・ルネッサンス様式で、1826年に、12世紀からバイエルン地方を統治したヴィッテルスバッハ王家が、絵画コレクションを展示する目的で建築しました。アルテ・ピナコテークは、「古い絵画館」という意味です。この意味のとおり、世界最古の絵画美術館の一つであり、ヨーロッパの多くのオールドマスター(18世紀以前の優れた画家)の有名作品を所蔵しています。これらの作品のほとんどは、ヴィッテルスバッハ王家が、16世紀から歴代に渡って、収集していたコレクションです。