フラウエン教会(ミュンヘン) (観光情報) (観光情報) | ミュンヘン観光 VELTRA(ベルトラ)
フラウエン教会は(聖母教会)は、ミュンヘン市の大聖堂で、マリエン広場から程近い市の中央部にあり、ミュンヘンのランドマークの一つです。2つの玉ねぎ型のドームが特徴で、建物はレンガでできた後期ゴシック建築です。三身廊を持つ大聖堂は、長さ109m、幅131mの大きな建物で、22,000人を収容することができます。2つの塔は、それぞれ約99m(北)と約100m(南)です。教会内部は、中央ネーブにある22本の八角形の白い柱が印象的で、ステンドグラスや祭壇画などの14~18世紀の優れた芸術作品で飾られています。
歴史
この場所にあった13世紀建築の教会が老朽化し、教会の重要性が増し拡大の必要があったことから、建て替えとしてフラウエン教会が建築されました。1468年から建築が始まり、約20年をかけて1488年に完成しました。資金不足から、ドームの完成は1525年まで持ち越されました。特徴ある玉ねぎ型のドームは、教会建物のスタイルとは一致していませんが、以降、バイエルン地方の多くの教会に取り入れられました。第二次世界大戦後の修復には、長い時間を要し、教会の修復が完了したのは1994年でした。

見どころ
【教会中央の身廊(ネーブ)】と【悪魔の足跡】22本の白い柱が並ぶネーブは、入り口から見ると、これらの柱が壁のように見えて、窓は一つしか見ることができません。これは、教会内にある「デビルの足跡」の伝説と関係があります。フラウエン教会を建設した建築家J?rg von Halsbachは、悪魔と「教会の中から窓が見えないように建築することを条件に、教会の建物の完成に協力する」という約束を交わしました。教会が完成して、悪魔に見せると、窓が無いように見えるにも関わらず、教会内は明るい光に溢れていたため、悪魔は、怒りのため地団駄を踏み、その足音を残したと伝えられています。是非、教会にある【悪魔の足跡】の場所から、教会内を眺めてみてください!
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    ミュンヘン在住ベテランガイドがミュンヘンの歴史から台所までご案内。レジデンツ見学後に旧市街を巡り、市庁舎仕掛け時計を見物したら「ミュンヘンの台所」ヴィクトアリエンマーケットでおすすめのローカルフードをガイドと食べ歩き。充実のツアーです。
    日本語対応あり

    EUR59.00

    グループ割引
    月, 火, 木, 土
    3.5時間 (午前)

ミュンヘンの人気アクティビティランキング

フラウエン教会(ミュンヘン) (観光情報) | ミュンヘン観光| VELTRA(ベルトラ)

フラウエン教会は(聖母教会)は、ミュンヘン市の大聖堂で、マリエン広場から程近い市の中央部にあり、ミュンヘンのランドマークの一つです。2つの玉ねぎ型のドームが特徴で、建物はレンガでできた後期ゴシック建築です。三身廊を持つ大聖堂は、長さ109m、幅131mの大きな建物で、22,000人を収容することができます。2つの塔は、それぞれ約99m(北)と約100m(南)です。教会内部は、中央ネーブにある22本の八角形の白い柱が印象的で、ステンドグラスや祭壇画などの14~18世紀の優れた芸術作品で飾られています。