ノイエ・ピナコテーク (観光情報) (観光情報) | ミュンヘン観光 VELTRA(ベルトラ)
ミュンヘンにある絵画美術館で、同じミュンヘンにあるアルテ・ピナコテーク(古絵画美術館)に対して、ノイエ・ピナコテークは、新絵画美術館です。18世紀後半から20世紀初期の優れたヨーロッパの絵画・彫刻を多数所蔵しており、特に、19世紀の芸術において、世界で最も重要な美術館に数えられます。この美術館では、ヨーロッパの古典芸術からアール・ヌーボーまでの芸術を概観することができます。
歴史
1853年に、当時のバイエルン国王ルートヴィヒ1世により、彼の個人的な現代アートのコレクションを収容する目的で設立されました。最初の建物は、建築家Friedrich von G?tnerとAugust von Voitにより建築されましたが、第二次世界大戦で破壊され、1949年に解体されました。現在の建物は、建築家Alexander Freiherr von Brancaによるもので、アーチ型の窓、張出し窓などが特徴のポストモダニズム様式で、コンクリートと石造りの組み合わせの正面が印象的です。1981年に新たにオープンしました。

見どころ
19世紀の古典主義からアールヌーボまでの、およそ400点の絵画と彫刻が展示されています。以下は、見逃せないハイライトです。【ドイツ・ロマン主義】18世紀後半から19世紀初期のドイツの芸術です。キャスパー・デイビッド・フリードリッヒは代表的な画家で、神秘的な風景画がたいへん有名です。【フランス印象派】モネ、ゴッホ、セザンヌの代表気な作品を見ることができます。【イギリス・スペイン画家】トーマス・ゲインズボローやゴヤ等の肖像画、風景画を鑑賞することができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ミュンヘンの人気アクティビティランキング

ノイエ・ピナコテーク (観光情報) | ミュンヘン観光| VELTRA(ベルトラ)

ミュンヘンにある絵画美術館で、同じミュンヘンにあるアルテ・ピナコテーク(古絵画美術館)に対して、ノイエ・ピナコテークは、新絵画美術館です。18世紀後半から20世紀初期の優れたヨーロッパの絵画・彫刻を多数所蔵しており、特に、19世紀の芸術において、世界で最も重要な美術館に数えられます。この美術館では、ヨーロッパの古典芸術からアール・ヌーボーまでの芸術を概観することができます。