カールス門 (観光情報) (観光情報) | ミュンヘン観光 VELTRA(ベルトラ)
カールス門は、中世から18世紀までミュンヘンにあった市を囲む城壁の一つで、防衛とチェックポイントの役割を果たしていました。ノイハウザー通り(Neuhauser Stra?e)の西の端に位置し、現在は、カールス門をくぐると、ミュウヘン中心街の歩行者天国ゾーンが始まり、マリエン広場まで続きます。門の前には、大きな噴水があり、目印になります。周辺は、ミュウヘンのショッピング街で、冬には、噴水の場所は小さなスケート場となり、一帯には、クリスマスマーケットが開かれます。
歴史
カールス門は、現存しているミュンヘンの旧城壁門3つのうち(元々は5つありました。)最も、西に位置します。これらの門は、1285年?1347年に、以前あった門が造り変えられたものです。カールス門は、ノイハウザー門(Noehauser Tor)と呼ばれていましたが、1791年に、選帝侯カールテオドールが、カールス門を立て直した際に、カールス門と改名されました。現存していない2つの門は、18世紀から19世紀の変わり目に取り壊されました。

見どころ
中世から存在しているカールス門は、ミュンヘンをかつて囲んでいた城壁を想像させられる興味深い建物です。細部には、ミュンヘンのシンボル・M?nchen Kindl(ミュンヘン小僧)などの装飾が施されていますので、観察してみてください。現在のカールス門は、オリジナルの門と比べると、より高く、より広くなっています。市内の交通量の増加や、車両の変化に対応するため、中世の門も18~20世紀にかけて変化せざる終えませんでした。このようなところにも、門の1000年近い歴史を感じさせられます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ミュンヘンの人気アクティビティランキング

カールス門 (観光情報) | ミュンヘン観光| VELTRA(ベルトラ)

カールス門は、中世から18世紀までミュンヘンにあった市を囲む城壁の一つで、防衛とチェックポイントの役割を果たしていました。ノイハウザー通り(Neuhauser Stra?e)の西の端に位置し、現在は、カールス門をくぐると、ミュウヘン中心街の歩行者天国ゾーンが始まり、マリエン広場まで続きます。門の前には、大きな噴水があり、目印になります。周辺は、ミュウヘンのショッピング街で、冬には、噴水の場所は小さなスケート場となり、一帯には、クリスマスマーケットが開かれます。