ミヒャエル教会 (観光情報) (観光情報) | ミュンヘン観光 VELTRA(ベルトラ)
ルネッサンス様式の建築がたいへん荘厳なミヒャエル教会は、ミュウヘン市の中心部にあるイエズス会の教会です。アルプスより北の地域における最大規模のルネッサンス教会で、南ドイツの他の教会建築にも大きな影響を与えました。教会の正面は、とりわけ印象的です。教会を建てたバイエルン公ヴィルヘルム5世とヴィッテルスバッハ王家の歴代の王の像を、家系図のように見ることができます。2つの入り口の間にある「悪魔と戦う聖ミヒャエル像」は「信心のために悪と戦う聖ミヒャエル」を表しています。
歴史
バイエルン公ヴィルヘルム5世により、2段階に渡り、1583年から1597年にかけて建築されました。まず、最初の工事(1583-1588)では、ローマのジェズ教会をモデルに、丸天井を持つ教会が建設されました。この丸天井は、ローマの聖ピエトロ教会に次ぐ世界二番目の大きさです。その大きさから安定性が懸念されていましたが、壊れたのは丸天井ではなく塔でした。この崩壊を悪い予兆ととらえたヴィルヘルム5世は、さらに大きい教会を建てることにし、建設が進められ1597年に完成しました。教会は、長さ78.2m、幅20.3m、高さ28.2mです。

見どころ
【教会ファサード】白い壁と三角形の切妻屋根の建物は、一見、教会には見えません。美しい建物の正面に施されたヴィルヘルム5世を含むバイエルン地方の歴代の支配者の像と、聖ミカエルの「戦う像」が印象的です。【教会内部】教会の内部は、世界第2の大きさの丸天井や白い壁、溢れる光で、荘厳な雰囲気に包まれています。漆喰の繊細な装飾は、キリストの生涯を描いたものです。「聖ミヒャエル」が描かれている中央の祭壇は、室内の白色に金色が映え、高貴な印象を与え、強烈な印象を与えます。【王室の墓】ヴィルヘルム5世をはじめとする、ヴィッテルスバッハ家の多くの人物が、この教会に埋葬されています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    通常のバス観光ではご覧いただけないミュンヘンの中心地や、歩行者ゾーンにある見所を現地ならではの地元っ子しか知らない情報をあわせてベテランガイドがご案内するツアーです。初日におすすめの本ツアーで、街の雰囲気や土地勘に3時間でなじみましょう!
    日本語対応あり

    EUR77.00

    平日
    3.5時間 (午前)

ミュンヘンの人気アクティビティランキング

ミヒャエル教会 (観光情報) | ミュンヘン観光| VELTRA(ベルトラ)

ルネッサンス様式の建築がたいへん荘厳なミヒャエル教会は、ミュウヘン市の中心部にあるイエズス会の教会です。アルプスより北の地域における最大規模のルネッサンス教会で、南ドイツの他の教会建築にも大きな影響を与えました。教会の正面は、とりわけ印象的です。教会を建てたバイエルン公ヴィルヘルム5世とヴィッテルスバッハ王家の歴代の王の像を、家系図のように見ることができます。2つの入り口の間にある「悪魔と戦う聖ミヒャエル像」は「信心のために悪と戦う聖ミヒャエル」を表しています。