ミュンヘン地方裁判所 (観光情報) (観光情報) | ミュンヘン観光 VELTRA(ベルトラ)
ユスティーツパラスト(Justizpalast)は、カール広場の西側にあるミュンヘンの地方裁判所です。堂々としたネオバロック建築の建物は、67mのガラスと鉄製のドームが特徴です。威厳を感じさせる建物は、人々の目を惹き、見逃すことはありません。ジュスティツパラストは、ヒトラーらが起こしたミュンヘン一揆の裁判、ナチス時代の「人民法廷」の場となった裁判所で、歴史的にもたいへん重要な意味があります。
歴史
1890年から1897年にかけて、建築家フリードリッヒ・フォン・ティルシュにより設計・建築されました。ドイツのグルンダーツァイト(Gr?nderzeit)に建てられたネオ・バロック様式の建物です。1905年には、建物の大きさが十分でなくなったため、新ユスティーツパラストが、西側に、建設されました。同じく、ティルシュが設計しましたが、新建物には、2つの塔を持つレンガ造りの北ヨーロパのネオ・ゴシック様式を採用しました。

見どころ
【建物】威厳に満ちた建物は、特徴あるドームに風格があり、見逃すことはなく一見の価値があります。内部も、外観と同様、威風堂々としており、ドームから光が差し込むホールと階段エリアはとても美しく、圧倒的な印象を与えます。【253法廷】1943年に、この裁判所では、ナチス時代の「人民法廷」がナチスに反対する非暴力のグループを裁いて、不当な死刑判決を下した「白ばらの裁判」が開かれました。今日、253法廷は、記念の場所となっており、見学することができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ミュンヘンの人気アクティビティランキング

ミュンヘン地方裁判所 (観光情報) | ミュンヘン観光| VELTRA(ベルトラ)

ユスティーツパラスト(Justizpalast)は、カール広場の西側にあるミュンヘンの地方裁判所です。堂々としたネオバロック建築の建物は、67mのガラスと鉄製のドームが特徴です。威厳を感じさせる建物は、人々の目を惹き、見逃すことはありません。ジュスティツパラストは、ヒトラーらが起こしたミュンヘン一揆の裁判、ナチス時代の「人民法廷」の場となった裁判所で、歴史的にもたいへん重要な意味があります。