ノイハウザー通り (観光情報) (観光情報) | ミュンヘン観光 VELTRA(ベルトラ)
ノイハウザー通りは、カールス広場からマリエン広場にいたるまでの、ミュンヘン中心部の歩行者専用エリアの主要部分となる通りです。ショッピング、ビアガーデン、グルメレストラン・カフェ、観光スポット、文化スポットなど、多くを提供するこの通りは、多くの人々の様々な願いを叶えてくれます。ショッピングエリアは、ドイツ国内でも最大規模(ビジター数)で、果物や野菜の露店から普通のデパート、電気製品、流行品を扱う店、お土産店など、多数あります。1年を通して、様々な催しも開かれ、訪れる人々を飽きさせることがありません。
歴史
ノイハウザー通りは、通りとしては、1293年以前から存在したと考えられています。1815~1828年の間は、カールス通りと呼ばれていました。以前は、市の主要交通だった2つの市電が走る道路でしたが、1972年ミュンヘン・オリンピック開催時の交通を考慮した市計画が機となり、1972年からは、歩行者専用地域とされ、通りの名前もノイハウザー通りとあらためられました。

見どころ
ショッピングや食事、1年を通じで行われる数々の伝統的な催し、観光スポットや博物館を訪れることなどを、同時に楽しめる稀な通り、それがノイハウザー通りです。ショッピングに疲れたら、ビアガーデンや、伝統的なバイエルン料理のレストランや、ベーカリーで一息つけます。また、カールス門、ドイツ狩猟・漁業博物館(元アウグスティナ教会)、アルテ・アカデミー、ブルガーサール教会(B?rgersaal)などの注目すべき建物もあります。この広く長い歩行者専用エリアは、リラックスした雰囲気を楽しみながら歩くだけでも、十分にミュンヘンを楽しむことができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ミュンヘンの人気アクティビティランキング

ノイハウザー通り (観光情報) | ミュンヘン観光| VELTRA(ベルトラ)

ノイハウザー通りは、カールス広場からマリエン広場にいたるまでの、ミュンヘン中心部の歩行者専用エリアの主要部分となる通りです。ショッピング、ビアガーデン、グルメレストラン・カフェ、観光スポット、文化スポットなど、多くを提供するこの通りは、多くの人々の様々な願いを叶えてくれます。ショッピングエリアは、ドイツ国内でも最大規模(ビジター数)で、果物や野菜の露店から普通のデパート、電気製品、流行品を扱う店、お土産店など、多数あります。1年を通して、様々な催しも開かれ、訪れる人々を飽きさせることがありません。