南下するのに利用しました

投稿者: チェブ, 2017/09/26

自力で列車移動するか、バスを利用するか迷いましたが、バスにしてよかったです。大きな荷物を預けたらあとは座っていればいいだけ。車窓を眺めるのも楽しいし、途中の街にちょいちょい降りるので、退屈しませんでした。

ドライバーの方の対応はちょっと残念でした。集合場所にいってもこちらから声をかけるまで無視、座ってとも何時に発車だよとも、聞かないと教えてくれません。白人にはフレンドリーに対応していたので余計ぶっきらぼうな態度が気になりました。
何分停車して、何時に発車するのか、みんな何回も確認していてその度にいらいらと答えていましたが、もうホワイトボードに書くなどすればいいのでは…?


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2017/09/23
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ロマンチック街道を効率よく観光できます。

投稿者: Kuwaチャン, 2017/02/05

個人旅行で立ち寄りにくい、ディンケルスビュールやネルトリンゲンが観光出来るバスで、効率よく観光できます。
また、世界遺産のヴィーズ教会も寄るので良かったです。
ただ、観光時間が短いのが残念です。




評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/09/05
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

中世の街道満喫!

投稿者: kimokimo, 2015/11/09

10月17日朝8時5分出発。ホウエンシュバンガウからローテンブルグまで8時間程度のバス旅でした。妻と二人で乗場に行くとオーストラリア人の女性が一人、乗場はここでいいのか不安そうにしておられ、私たちに確認することでホッとしたようでした。結局この女性もローテンブルグまでで、夜のローテンブルグでバッタリ出会って、妻とバスの中でのことを面白おかしく話し合ってました。オーストラリアにも遊びに来てとのことでオーストラリアのいいところをアピールしたり良くおしゃべりをされる明るい方でした。ローテンブルグまでの道中、バスには数人しか乗っておらず、シーズンオフで良かったなと思った次第です。大学4回生の男性、国籍不明のアジア人男性、若いインド人夫婦、ミュンヘンから乗ってきた大阪のおばちゃん6人組。ロマンチック街道を大阪のおばちゃんと旅するとは夢にも思いませんでしたが、私たちも奈良県ですので関西弁どうしで親近感もあり楽しかったです。ただ、この方たちは、英語が全く解らず、ましてやドイツ語などは宇宙人の言葉位に思っておられました。多少英語の話せる私たちを頼りにしておられ、ここは何分休憩?次は何時に出発?など添乗員がわりに思っておられたのかもわかりません。大学生はネルトリンゲンでステイのため下車。しばしのお付き合いを名残惜しみながらお別れしました。結局大阪のおばちゃんたち以外は、ローテンブルグで下車、夕方の4時頃でした。その後の大阪のおばちゃんたちがフランクフルトまで多分無事に到着したとは思いますが、途中休憩ではバスを一歩も出なかったのではと想像します。さすが大阪のおばちゃん、大阪弁で言うなれば、ええ根性したはる、というところでしょうか。街道の街はいずれも中世そのもので町並みも素晴らしく、たくさんの写真をとることができました。ヴィース教会、アウグスブルク、ネルトリンゲン、ディンケルスビュール、私たちがステイしたローテンブルグいずれも素晴らしいところです。ローテンブルグは観光客も多く、日本語のメニューのあるレストランもあり楽しめます。マルクトプラッツの近くのちょっとしたレストランで夕食をしましたが、レストランの奥の方にある別の部屋に通されましたが品の良いお客様ばかりで、隣のドイツ人男女6人組が話かけてこられ、しばし歓談したりし、とても気持ちの良いディナーでした。絶対1泊したほうがいいと思います。次の日のバスでフランクフルトに向かえばいいわけですから、ぜひ行かれる方は1泊ステイしてください。私たちは翌日ドイツバーンでカイザースラウテルンに向かい、ロマンチック街道の旅を終えました。
現役で仕事をしている私ですが、娘と生後11か月の孫を婿の待つベルリンへ送るのを口実に休暇を2週間いただき出発した旅でした。妻の妹夫婦(夫はアメリカ人ですが)もカイザースラウテルンにおり、一緒にライン川クルーズやノイシュタットのワイン祭りに、フュッセンに行く前にはミュンヘンで2泊し、ホフブロイハウスでビール、新市庁舎の時計台の人形等、ホウエンシュバンガウでは、ノイシュバンシュタイン城、ホウエンシュバンガウ城も見学。ドイツのいわゆるハイライトと言われるところは全部ではありませんが、見て回ることができとても良かったです。悔いがのこるのは、ベルリンでアンペルマンのキーホルダーを買うのを忘れたことでした。娘に送ってもらおうとおもっています。妻は私が帰国した後、フランスにいったりして彼女の旅を終えました。次はいつ行けるのか分かりませんが、ホウエンシュバンガウのマリエン橋の復旧が終わった後に行ってみたいです。今回ここからのノイシュバンシュタイン城を見ることが出来なかったことが残念でなりません。電車とバスのドイツ旅でしたが、VELTRAさんには途中で予約変更をお願いときも迅速、丁寧にご対応いただき感謝いたしております。皆様のドイツ旅のご参考になればさいわいに存じます。


  • 午前8時のノイシュバンシュタイン城。紅葉と雪化粧が見事でした。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2015/10/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

移動手段として割り切るなら大変満足

投稿者: たぬき, 2014/10/02

フュッセンからローテンブルクまで利用しました。
鉄道だと複数回乗り換えの必要があるため、荷物を預けたまま最終目的地まで行ってくれるこのバスは、大変利用価値がありました。
フュッセン発のコースだと朝早くにヴィース教会に寄れるというのもよかった点です。
車内でWifiが使えたのもよかったです。

運行スケジュールは思っていたよりも正確で、遅れは最大で20分程度でした。
ただし、遅れたときは街の見学時間にしわ寄せが行きます。
途中下車したアウクスブルク、ディンケルスビュール、ネルトリンゲン、どこも駆け足での見学で、多少物足りなさが残り、しっかり見て回りたければその街に滞在すべきだと感じました。
昼食は持参したほうがよいと思います。

評価:
利用形態:家族
参加日:2014/09/25
この体験談は参考になりましたか? [はい]

おすすめですよ、

投稿者: あいどく, 2014/08/16

 ローテンブルグからフッセンまで利用しました。簡単だけど軽妙なドイツ人運転手の案内で各地の名所の要点を短時間づつまわっていきました。日本人が8割でしたが、とてもよかったです。運行がのびのびになったせいか、20時までのヴュース教会はことわりなくパスされてしまいましたのが、残念。
 また意外だったのですが、車内でWIFIができ、日本の家族への連絡がのんびりと自由にとれたことも大きいです。
 ただ、一つの不満があります。ヴュルツブルグに前泊して列車で移動、ローテンブルグ駅にスーツケースをあずけていたので、市内観光のあとでまた駅にもどり、ゴロゴロと荷をおして集合する広場に行きました。この日本語ページからは、ローテンブルグでは広場に停車するだけ、とおもっていたのですが、このバスは広場を出発して次にローテンブルグ駅に停車、客をのせていたのです。時間と労力の無駄になりました。この駅にも停車することを記載してください。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2014/08/12
この体験談は参考になりましたか? [はい]

親切な運転手さん

投稿者: 匿名希望, 2014/07/06

1日目の運転手さんと同じだった。車窓からノイシュバンシュタインが見えてきたら、下車させてくれて写真タイムを設けてくれた。しかも、何度も。サービス精神旺盛な運転手さんです。良い思い出になりました。


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2014/07/03
この体験談は参考になりましたか? [はい]

もう少し時間があると良いです。

投稿者: ぬここ, 2014/06/17

いろんな街に立ち寄るので、おすすめです。
ただ街での休憩時間が少し短く感じました。近間しか周れないですね。
予定より時間が遅れていたからか、ヴィース教会に寄りませんでした。
水は何本飲んでも無料で、ビールなども買うことができます。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2014/05/27
この体験談は参考になりましたか? [はい]

中世の都市を巡るバスで快適に

投稿者: KEIJI.O, 2014/05/18

ローデンブルクからフュッセンまで乗りました。シーズンoffだったのか、日本人ご夫婦と3人で、ディンケルスビュールから入れ替わりにドイツのご夫婦3人となり、アウグスブルクからは1人になりました。運転手は気さくな方で、ノンヴァンシュタイン城が見えるところでは、途中でバスを停め、記念写真を撮ってくれました。景色は最高で、日本語での各都市の歴史などの観光情報(バス内アナウンス)もうれしいサービスでした。また、機会があれば利用したいです。


  • スタート都市ローデンブルクの街並み


  • ローデンブルクのバス停からスタート


  • 途中のディンケルスビュールで45分位停車


  • 農村車窓は素敵の一言


  • 目的地フュッセン郊外のノンヴァンシュタイン城


  • フュッセン駅前バス停に到着

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2014/05/08
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ドイツ地方都市の観光地一覧

ロマンチック街道『ヨーロッパバス(EUROPABUS)』事前予約 <4~10月運行/ローテンブルク⇔フュッセン>の参加体験談 | ドイツ(ドイツ地方都市)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

ロマンチック街道『ヨーロッパバス(EUROPABUS)』事前予約 <4~10月運行/ローテンブルク⇔フュッセン>の参加体験談 | 4月~10月の期間限定で運行されるロマンティック街道バス。フランクフルト~フュッセン間を、南下便と北上便が1日1便運行しています。組み合わせ次第で、好みのロマンティック街道周遊プランが作成できます。