ガラス博物館 (観光情報) (観光情報) | ドイツ地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
イタリア・ベニス本島の北東のムラーノ島は、ベネチアングラスが有名です。本格的なベネチアングラスの製造は11世紀になって活発化しました。サンマルコ大聖堂の再建はこのすべての壁面にガラスモザイクが施されています。ベネチア共和国が、東方諸国からの優れた産物のガラスを、自国で製造して大きな利益になるということで、ガラス産業は発展しました。ベネチアングラスは、鉛を含まない、ソーダ石灰を使用することが特徴で、コバルトやマンガンを混ぜることで、様々な色合いを表現しています。ムラーノ島全体でガラス細工店があり、ガラス博物館もムラーノ島にあります。
歴史
博物館に飾られているヴェネツィアン・グラスの歴史はとても古く、13世紀中世ヴェネツィア共和国が供給し始めた歴史があります。ヴェネツィア共和国のガラス職人がムラーノ島に移住させてガラス製品を作らせて、シャンデリア、鏡など様々な名品が作られたのが博物館があるムラーノ島だったのです。

見どころ
ガラス博物館では、ベネチアンガラスの歴史の展示がされ、ベネチアグラスの初期から現代まで様々な歴史あるガラス作品やベネチアンビーズが展示されて、ガラスの美しさ、デザインの美しさなど、眺めているだけでうっとりするような世界です。ムッリーネという、ガラスを金太郎飴のようにして絵をつくる感じの細工など繊細で美しいです。ベネチアンガラスの制作過程がみられる工房を覗いてみるのも楽しいです。ガラス博物館で美しいガラス製品をお土産にするのもおすすめです。お財布にやさしいものから、高級品まで、幅広い値段の美しいベネチアンガラスがたくさんあります。運河を眺めながら、ガラス博物館で目の保養ができるムラーノは、イタリア旅行の美しい思い出になるでしょう。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ドイツ地方都市の観光地一覧

ガラス博物館 (観光情報) | ドイツ地方都市観光| VELTRA(ベルトラ)

イタリア・ベニス本島の北東のムラーノ島は、ベネチアングラスが有名です。本格的なベネチアングラスの製造は11世紀になって活発化しました。サンマルコ大聖堂の再建はこのすべての壁面にガラスモザイクが施されています。ベネチア共和国が、東方諸国からの優れた産物のガラスを、自国で製造して大きな利益になるということで、ガラス産業は発展しました。ベネチアングラスは、鉛を含まない、ソーダ石灰を使用することが特徴で、コバルトやマンガンを混ぜることで、様々な色合いを表現しています。ムラーノ島全体でガラス細工店があり、ガラス博物館もムラーノ島にあります。