ハンガリーの首都ブタペストにある王宮の丘のある「ブダ城地区」は、1987年に「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」の構成資産として世界文化遺産に登録されています。王宮の丘の地下迷宮とは、王宮の丘一帯の地下に広がる迷路のような長大な洞窟があり、元は自然の洞窟だったもので、現在は環境保護区に指定されている洞窟もあります。深さは数十mにもおよび、二層三層の構造になっていると言われますが、その全貌は未だよく解っていません。
歴史
ハンガリー王ベーラ4世の治世の1241年から1242年にかけて、ブダの街はモンゴル軍の侵攻を受け、ベーラ4世はブダの丘に防衛のための砦を築きました。砦は後世宮殿となり王宮のある辺りは「王宮の丘」と呼ばれています。王宮の丘の地下には元々自然の洞窟が迷路のように張り巡らされており、現在は一部が公開されています。雰囲気を盛り上げるオペラのような音楽が流れるなか、ランプのほのかな明かりを頼りに巡るようになっています。「ワインの流れる泉」には、本物のワインが流れていたり、洞窟の中は暗く静かでひんやりしていて、あまりにも深い迷路なため、本当に出られるのかだんだんと心細くなります。

見どころ
【王宮の丘の地下迷宮】王宮の丘一帯の地下には迷路のような長大な洞窟が広がっていて、入り口は王宮からマチャーシュ教会に向かうメイン通りの一つ西側の通りにあります。地下に降りると、ところどころランプがあるものの、洞窟の中は暗く、途中にはお化け屋敷のような様々な仕掛けがあり、結構恐怖体験ができます。夏場の暑い時はひんやりしますけど、入場の際は、肝試しの覚悟で行かれたほうがいいですよ。【ブダの王宮】ブダの王宮は、ブダ地区にあり、中世の面影を色濃く残す、ハンガリー王国の宮殿です。美しく壮大な宮殿で、世界遺産に登録されています。ブタの王宮は、現在は美術館や博物館として利用されていていますが、夜になるとライトアップされ、昼とは違った美しい姿を見ることができます。ドナウ川のナイトクルーズでは、ドナウ川の川辺にライトアップされた王宮が浮かびあがり、とても幻想的な美しさでおすすめです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ハンガリーの人気アクティビティランキング

王宮の丘の地下迷宮 | ハンガリー観光| VELTRA(ベルトラ)

ハンガリーの首都ブタペストにある王宮の丘のある「ブダ城地区」は、1987年に「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」の構成資産として世界文化遺産に登録されています。王宮の丘の地下迷宮とは、王宮の丘一帯の地下に広がる迷路のような長大な洞窟があり、元は自然の洞窟だったもので、現在は環境保護区に指定されている洞窟もあります。深さは数十mにもおよび、二層三層の構造になっていると言われますが、その全貌は未だよく解っていません。