工芸美術館は中央市場のすぐ近くにある、個性的な緑色のドームと屋根を持つ建築物で「ジプシー王の宮殿」という異名もあるそうです。工芸美術館では、家具、タペストリー、ガラス製品などの伝統的な工芸品が展示されています。この工芸美術館は、ハンガリーを代表する名建築家レヒネル・エデンの設計により造られたもので、建築物そのものもかなりインパクトがあります。また展示品も素晴らしく、家具、壺、食器など興味深いものがたくさん展示してあります。
歴史
工芸美術館は19世紀後半にハンガリー建国一千年記念として建てられたもので、ハンガリーのレヒネル・エデンの設計したものです。建物は荘厳なアールヌーボー様式で、エントランスホールの曲線はとても幻想的なレヒネルのオリジナル仕様です。ハンガリーの建築物の中でも指折りのものとして知られています。ブダペストの観光の中心地から少し離れているため多少マイナーではありますが、外観は特徴ある緑色に装飾されたドーム型の屋根はインパクトがあり、壁のタイル文様も美しく、内部もアールヌーボー様式の造りで、歴史と風格があります。

見どころ
【工芸美術館】中央市場の近くに工芸美術館があります。アールヌーボー様式の独特の雰囲気がある建築物で、中央には緑のドーム型の屋根があり、正面の入り口も、見事な装飾が施されています。ジョルナイタイルの緑の屋根や、装飾につかわれているタイルの文様が非常に印象的で美しいです。家具、壺、食器などの工芸品が展示されています。【中央市場】ペスト側の自由橋の傍にある中央市場は、立派なファサードを持つクラシカルな巨大な建物で、地階には肉や魚、1階に野菜や加工食品、2階はレストランやお土産物店などがあり、ブダペストの人たちの生活を肌で感じることができる場所です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ハンガリーの人気アクティビティランキング

工芸美術館 | ハンガリー観光| VELTRA(ベルトラ)

工芸美術館は中央市場のすぐ近くにある、個性的な緑色のドームと屋根を持つ建築物で「ジプシー王の宮殿」という異名もあるそうです。工芸美術館では、家具、タペストリー、ガラス製品などの伝統的な工芸品が展示されています。この工芸美術館は、ハンガリーを代表する名建築家レヒネル・エデンの設計により造られたもので、建築物そのものもかなりインパクトがあります。また展示品も素晴らしく、家具、壺、食器など興味深いものがたくさん展示してあります。