アルマンナギャゥ (観光情報) (観光情報) | アイスランド観光 VELTRA(ベルトラ)
アルマンナギャゥとは、南アイスランドにある有名なレクリエーションゾーンです。レイキャビクから車で1時間程度のところにある、シンクヴェトリル国立公園内にある壮大なエリアで、地球の割れ目と言われています。シンクヴェトリル国立公園には日帰りできる有名観光スポットが集中しており、世界遺産としても登録されています。ギャゥとは地溝のことで、公園内には数多くのギャゥが見られます。西は高く、東側へ向かうにつれて低い形状となっています。
歴史
アルマンナギャゥは、930年に創設された世界最古の近代議会である、アルシングの発祥の地です。アルシングとは「全国会議」「全島集会」という意味です。アイスランドは移民によってそれぞれの地域で民会が開かれていました。そのため地域ごとに法律や規則がバラバラであったため、各地との交易が盛んになるにつれ、全島共通の議会の設立が望まれていきました。そこで930年、地域ごとの「シング」の代表が集まって、シンクヴェトリルの丘でアルシングが開催されたのです。

見どころ
高台にある展望台からは、眼下に雄大なアルマンナギャゥが一望できます。またシンクヴェトリル国立公園内は、景色を楽しみながら散策ができる遊歩道がさまざま整備されているので、天候が良い日には、大小さまざまな地溝帯や滝などの自然が楽しめます。ユーラシアプレートとアメリカプレートによって形作られた、広々した切り通しの崖の底を歩いて進むと、今でも少しずつ広がり続けているという自然の息吹をすぐ近くで感じられます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

アイスランドの人気アクティビティランキング

アルマンナギャゥ (観光情報) | アイスランド観光| VELTRA(ベルトラ)

アルマンナギャゥとは、南アイスランドにある有名なレクリエーションゾーンです。レイキャビクから車で1時間程度のところにある、シンクヴェトリル国立公園内にある壮大なエリアで、地球の割れ目と言われています。シンクヴェトリル国立公園には日帰りできる有名観光スポットが集中しており、世界遺産としても登録されています。ギャゥとは地溝のことで、公園内には数多くのギャゥが見られます。西は高く、東側へ向かうにつれて低い形状となっています。