ミールダルスヨークトル氷河 (観光情報) (観光情報) | アイスランド観光 VELTRA(ベルトラ)
ミールダルスヨークトル氷河(Mýrdalsjökull)はアイスランドの南部に位置する氷河です。厚さ200メートルもの氷河が「カトラ」という火山の山頂を覆っていて、氷河としてはアイスランド国内で4番目の大きさを誇ります。標高は1493メートルでカルデラの径は10 キロメートルあります。およそ40年から80年ごとに噴火を起こすといわれており、930年から18回の噴火が記録されています。一番最近では1918年に噴火を起こしました。そのときに氷河湖が決壊し、大洪水を引き起こしたことでよく知られています。このときに土石流に砂礫が流されて、海岸線は5 km広がりました。今も火山学者は注意深く観察を続けています。
見どころ
ミールダルスヨークトルは水色の美しい氷に、ところどころ黒い線などが入っている大理石のような氷河です。この黒い部分は火山灰や溶岩によって黒くなりました。とても大きな氷河で、トレッキングシューズにアイゼンをつけて、氷河の上を散歩するトレッキングツアーや、スノーモービルで雪上を走るツアーなどが人気のようです。晴れていれば1号線からもきれいに臨むことができます。氷河まで近づくのも面白いですが、遠くから雄大な自然を遠くから眺めるというのも、また違った感じでミールダルスヨークトル氷河を楽しめるかと思います。風が強い日には、山麓にあるミールダルスサンドゥル砂原の砂が舞い上がりますので、砂ぼこりに注意しましょう。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

アイスランドの人気アクティビティランキング

ミールダルスヨークトル氷河 (観光情報) | アイスランド観光| VELTRA(ベルトラ)

ミールダルスヨークトル氷河(Mýrdalsjökull)はアイスランドの南部に位置する氷河です。厚さ200メートルもの氷河が「カトラ」という火山の山頂を覆っていて、氷河としてはアイスランド国内で4番目の大きさを誇ります。標高は1493メートルでカルデラの径は10 キロメートルあります。およそ40年から80年ごとに噴火を起こすといわれており、930年から18回の噴火が記録されています。一番最近では1918年に噴火を起こしました。そのときに氷河湖が決壊し、大洪水を引き起こしたことでよく知られています。このときに土石流に砂礫が流されて、海岸線は5 km広がりました。今も火山学者は注意深く観察を続けています。