ラングヨークトル氷河 (観光情報) (観光情報) | アイスランド観光 VELTRA(ベルトラ)
ラングヨークトル氷河(Langjökull)はアイスランド語で「長い氷河」という意味で、アイスランド西部内陸部に位置します。海抜1200〜1300メートルで、面積が953平方キロメートルもあり、ヴァトナヨークトル氷河の次に大きい、アイスランド国内では2番目の規模を誇る大きさの氷河です。氷河はやはり火山灰をかぶっており、黒みがかったブルーグレーのような色をしています。ラングヨークトル氷河の南のほうにあるグトルフォス(黄金の滝)は、このラングヨークトル氷河から溶け出した水が流れています。また周辺には「エイリクスヨークトル」「ソゥリスヨークトル」「フルータフェットル」という小さな氷河が3つ点在しています。
見どころ
ラングヨークトル氷河はアイスランドで二番目に大きい氷河ということで、人気を集めている観光スポットです。スノーモービルなどのツアーが人気ですが、現在氷の洞窟(アイスケーブ)を作る作業が進められています。氷河の西側、氷の表面から30メートルほど下に200~300メートルほどの長さで作る計画です。アイスケーブ内には、レストランや展示室、ほかにもチャペルなどを作る予定です。ヴァトナヨークトル氷河にも、「スーパーブルー」と親しまれているアイスケーブがありますが、スーパーブルーの出現条件は厳しく、行っても必ず見られるわけではありません。ですので、このアイスケーブはアイスランドの新たな観光地になると期待されています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

アイスランドの人気アクティビティランキング

ラングヨークトル氷河 (観光情報) | アイスランド観光| VELTRA(ベルトラ)

ラングヨークトル氷河(Langjökull)はアイスランド語で「長い氷河」という意味で、アイスランド西部内陸部に位置します。海抜1200〜1300メートルで、面積が953平方キロメートルもあり、ヴァトナヨークトル氷河の次に大きい、アイスランド国内では2番目の規模を誇る大きさの氷河です。氷河はやはり火山灰をかぶっており、黒みがかったブルーグレーのような色をしています。ラングヨークトル氷河の南のほうにあるグトルフォス(黄金の滝)は、このラングヨークトル氷河から溶け出した水が流れています。また周辺には「エイリクスヨークトル」「ソゥリスヨークトル」「フルータフェットル」という小さな氷河が3つ点在しています。