シングヴェトリル国立公園はアイスランドにあり、その景色と景観からユネスコの世界遺産に登録されるほどです。この公園の目玉は、地球の割れ目「ギャウ」と、世界最古の議会「アルシング」が行われた場所、そして大自然の景色です。ギャウの割れ目を歩く事は、多くの観光客の定番コースとなっています。実際に歩くと、大自然の凄さに唖然とするはずです。
歴史
アイスランドはノルウェー人とケルト人が移住してきたのが始まりとされています。それが9世紀末頃で、そこから民主的な自治を目指し、世界最古の民主会議「アルシング」が930年に発足しました。しかし13世紀以降はノルウェーまたはデンマークに実行支配され、19世紀に独立運動が起こり、1918年にアイスランド王国として独立した。現在の共和国として完全に独立したのは1944年で、長い期間を独立に費やした過去があります。

見どころ
シンクヴェトリル国立公園の見どころは地球の割れ目と呼ばれる「ギャウ」です。アイスランドの島を南北に分ける大地の裂け目のようで、北米プレートとユーラシアプレートの境界となり、今でも数センチずつ東西に動いています。世界各国から、その壮大な割れ目をひと目見ようと多くの観光客が押し寄せてやって来ます。シングヴェトリル国立公園の展望台からは一望出来るのでお薦めのスポットです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

アイスランドの人気アクティビティランキング

シンクヴェトリル教会 (観光情報) | アイスランド観光| VELTRA(ベルトラ)

シングヴェトリル国立公園はアイスランドにあり、その景色と景観からユネスコの世界遺産に登録されるほどです。この公園の目玉は、地球の割れ目「ギャウ」と、世界最古の議会「アルシング」が行われた場所、そして大自然の景色です。ギャウの割れ目を歩く事は、多くの観光客の定番コースとなっています。実際に歩くと、大自然の凄さに唖然とするはずです。