氷河満喫+αで大満足!!

投稿者: ケンさん, 2018/08/31

日本語表記の情報では、最初はセリャラントスフォスの滝/スコゥガフォスの滝に行くことになっていますが、ソウルヘイマヨークトルの氷河トレッキングがいきなり始まりました(氷河名は後で調査し判明)。もしかして、ツアーを間違えたのかと思いましたが正解でした。
火山噴火の影響で黒い氷河を重装備でトレッキングします。装備は本格的、結構ハードなトレッキングでうまく動けない人には、ガイドがフォローしてくれます。氷河トレッキングとしては初級ですが、なかなか楽しくうちの妻は感動していました。
次は、ブラック・サンドビーチ/レイニスドランガルです。アイルランド(英国側)のジャイアンツ・コーズウェイと同様の六角柱の岩が、火山灰で黒い海岸にあります。奇岩もあり、なかなかの観光地でした。
その後、スーパー併設のドライブインで休憩し(翌日ここがヴィーくと気づく)、ヴァトナヨークルト国立公園(アイスランド1、世界で2番目の大きさの氷河)ふもとのヨークルスアゥルロゥンの宿に宿泊。私たちはホテルの食事を選択しましたが、安くあげたければスーパーで購入したものでの対応もOKです。
ホテルの朝食はハム類も充実しとても良かったです。
2日目はまずは、ダイヤモンドビーチという氷河が海岸に流れつく黒砂浜の
美しいビーチに行き、その後、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖(広さ18平方km、深さは250mほど。青い氷河が漂うさまは幽霊の行列とも表現されているとのこと)。ここのクルーズはオプションですが、是非申し込むことをお薦めします。
スカフタフェル 国立公園の氷河が見えるポイントでも写真休憩
ヴィーク(昨日の休憩のドライブインと同じ場所)で昼食&食後、教会の場所で写真休憩
スコゥガフォスの滝(幅25m、落差62mの滝)ここは滝の上まで登れるのですが休憩時間が短く、上まで行った人はほとんど時間内に戻れずでした。
セリャラントスの滝(落差60m)ここの売りは裏から眺められるところですが、その前に徒歩15分の距離に他に3つの滝が連なっていて(跡があるので季節によぅてはもっと?)滝めぐりができます。最初の滝は近くに行くと見えないが何と滝壺は岩の中岩をくぐって滝を見たが大迫力でとてもよかったです。@びしょびしょになるので要注意
19:00頃宿に到着しました。
ツアーは最高に良かったので、やや値ははりますが、氷河を堪能したい方には超お奨めです。個人的には大満足のツアーでした。
ただ、バスが小型だったせいか、電源はなくWiFiも貧弱だったのが難点でしょうか。
参考にツアーの日本語表記と実際の差分を以下にまとめます。
日本語表記:
・セリャラントスフォスの滝/スコゥガフォスの滝
・ブラック・サンドビーチ/レイニスドランガル
・アイスランド最南端にあるヴィーク村へ
・泊
・ヨークルスアゥルロゥン氷河
・氷河湖クルーズ (オプション)
・ヴァトナヨークトル国立公園で氷河ハイキング
実際のツアー:
・ソウルヘイマヨークトル氷河トレッキング
・ブラック・サンドビーチ/レイニスドランガル(昼食時間込み)
・スーパーで休憩(ヴィーク村?夜ホテルで食事しない人は買出し可)
・泊
・ヨークルスアゥルロゥン氷河
・氷河湖クルーズ (オプション)
・(昨日同様の)スーパーで休憩(昼食時間)
・アイスランド最南端にあるヴィーク村へ(教会)
・スコゥガフォスの滝
・セリャラントスフォスの滝


  • ソウルヘイマヨークトル氷河の氷河は黒い


  • レイニスドランガル


  • 奇岩


  • ダイヤモンドビーチに流れ着く氷河


  • ヨークルスアゥルロゥン氷河湖クルーズの水陸両用車


  • ヴィーク村の教会


  • スコゥガフォスの滝は滝の上まで行ける


  • セリャラントスフォスの滝は滝の裏をくぐれる

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/08/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

アイスランド南部観光

投稿者: kano, 2018/06/29

20人程度の小型バスで、アジアからの参加は私だけでした。
初日は滝2ヶ所、写真撮影ポイント各所、氷河ハイキングなどでした。2か目は氷が打ち上がる海岸、流氷クルージング(希望者のみですが、ほとんどが希望していました)、ブラックビーチ、写真撮影ポイント各所です。
ガイドさんは運転中も英語でたくさんの説明をしてくれましたが、残念ながら私は英語が堪能ではないので全部はわかりませんでした。他のお客さんの反応をみる限りは良いガイドさんだったのだと思います。
事前に申し込めば貸してくれますが、可能であればトレッキングシューズ・防水のジャケット・パンツは自分で準備したほうが無難です。滝は近くで見るなら絶対に濡れます。あと風が強いと傘どころではないので、アイスランドの一般的な観光として防水のウインドブレーカーは必須と思います。
宿泊は氷河近くのゲストハウスでした。タオルはありましたが他のアメニティは持参、朝食は込みですが夕食代は別、私は1人参加だったので1人部屋でした。
氷河ハイキングはちょっとハードです。私は普段全く運動をせず、1時間程度のハイキングは可という程度の体力でしたが、なんとか参加できました。10代後半の子や50代くらいの女性も参加していました。体力に自信がない50代男性は氷河ハイキングを辞退して氷河ツアーの受付所で待っていました。
長時間の移動ですが、トイレ休憩は何度かあるので大丈夫です。
6月下旬参加で気温は8ー12度程度、ヒートテック・トレーナー・ウルトラライトダウンで行きました。氷河ハイキングのときはちょっと暑かったですが雨・風が強いと寒いです。
お値段高めですが、行く価値は十分にあると思います。流氷・氷河ハイキングはかなり感動しました。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2018/06/27
この体験談は参考になりましたか? [はい]

氷河ハイキング

投稿者: Ishi, 2017/06/05

自然の洞窟に入れ、毎日変わっていく氷河の上を歩くという体験ができたことに感銘を受けた。
氷河案内のガイドさん達の顔が生き生きとしており、ドライバーのガイドさんも「こんな経験を何十年もできて、仕事のやり甲斐がある」とおっしゃっていたことが良く分かった。

評価:
利用形態:家族
参加日:2017/05/02
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エリアからツアーを探す

アイスランド南部の大自然を満喫! 氷河ハイキング付き 1泊2日ツアー<4月~9月/レイキャヴィーク発>の参加体験談 | アイスランド(レイキャヴィーク)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

アイスランド南部の大自然を満喫! 氷河ハイキング付き 1泊2日ツアー<4月~9月/レイキャヴィーク発>の参加体験談 | 黒砂のビーチや国土の8%を占めるヴァトナヨークトル氷河など、火山帯と特異な気候が生み出したアイスランド南部の自然の姿を体験しにでかけましょう。氷河ハイキングもガイドがしっかりご案内します。