お肌がつるつるになります。

投稿者: 細かいアドバイザー, 2018/06/19

ピックアップは小さめなバスでお迎えして、bus terminalに送迎されます。bus terminalの受付にてvoucherをチケットに交換します。帰りのバスの時刻表も載ってます。
ブルーラグーンでは、バスタオル2枚とICチップが入ったブレスレットを渡されます。バスタオルは1枚を温泉に入るところに持って行き、1枚を上がってからのシャワーに使えるのでタオルを持っていく必要は無いと思います。ICチップでフリーで1ドリンクが買えます。アルコールも買えます。追加で何か頼む場合は、ICチップをタッチして買い、着替えたあと出口で清算できる便利なシステムになっています。大きめのロッカーも完備されており、鍵はICチップで締めます。コンディショナーとシャワージェルはシャワーに完備されています。シリカマスクは温泉内にコーナーがあり、自由に塗りたくれます。温泉水は髪につくとバシバシになるので事前にコンディショナーをつけて入るとよいです。(そのようにリコメンドされています)ビーチサンダルを持参するとよいです。タオルを置く目印にもなります。
私は18時から行きましたが、アイスランドは真夜中でも明るいので、昼間に行くのと同じように楽しめました。日焼けもするので、気にされる方は日焼け止めを塗る方が良いです。私は約2時間滞在しました。水着は女性はビキニタイプが圧倒的に多く、ウエットスーツや服を着ている人はいませんでした。最初は寒いですが、そのうち水着で温泉から出て歩き回れるぐらいには温まりました。サウナもあります。プールの監視員みたいに温泉の周りに監視員さんがいらっしゃるので安全面も安心できました。
スマホを持ち込んで写真を撮ってる人が何人かいました。リスク管理はその人次第ですが、防水の袋に入れている人もいた一方で、そのまま持ち込んで濡れないようにしながら温泉に浸かって写真を撮っている人もいました。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2018/06/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

想像よりこじんまりしていました

投稿者: Zane, 2018/06/17

このツアーに限らず、Reykjavik Excursionsのツアーは、ホテルでピックアップ後、バスターミナル(BSI)で一度おろされ、そこから目的地別に大きなバスで移動する方式のようでした。
このツアーは、あらかじめバウチャーがメールで送られてきますが、それをBSIのカウンターでバーコードスキャンし、チケットに引き換えてもらう必要があります。チケットはBSI出発時にバスの運転手にチェックされるとともに、ブルーラグーンの受付でもチェックされるので、無くさないようにしてください。
ブルーラグーンでは、サンダルを用意しましたが、実際には不要かと思いました。それよりも、防水のカメラか、防水のスマホケースを用意しておくと、絶景写真が撮れます。あらかじめAmazonで\1000ほどのスマホ防水ケースを買ってもっていったら、大変役立ちました。
通常プランでも1ドリンクは付くので、参考に温泉内の飲み物売り場のメニューの写真も載せておきますが、ここで飲むスパークリングワインは格別でした。
構内の食事は、レストランはもちろんお高め、売店のちょっとしたサンドイッチ類もISK 1000は超えているので、節約したい方は、あらかじめレイキャビク市内のスーパーなどで、パンなど買って持っていくと良いかもしれません。
10時入場で入り、14:15ブルーラグーン発のバスでレイキャビクに戻りました。滞在はこれくらいの時間あれば十分に感じましたので、参考まで。



評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/06/13
この体験談は参考になりましたか? [はい]

日焼け注意!

投稿者: kei, 2018/05/08

温泉自体は広くて綺麗でとても気持ち良かったですが、曇り空で粉雪が舞っていたにもかかわらず、2時間ですっかり日焼けしてしまいました。温泉に入る前にシャワーを浴びるので、日焼け止めも落ちてしまいます。日焼けに弱い方はラッシュガードなどで防御することをお勧めします。


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2018/03/21
この体験談は参考になりましたか? [はい]

簡単、快適ツアー

投稿者: Sim, 2018/05/04

レイキャビク中央市街から行くのに便利でした。
ピックアップは時間通りに、バスターミナルにてバウチャーを見せチケットをもらう。(バス往復, ブルーラグーン入場券の3回スキャンするので失くさないように)
施設内でリストバンドとバスタオルをもらいロッカーへ。(ロッカーを閉める→近くの磁気にかざす→ロックがかかる。ロッカー番号をお忘れなく)シャワーを浴びて、ラグーンに入浴です。雪で寒すぎました。
サウナやスチームバスがあるのでそこもよかったです。日本の温泉が1番だなあと思いつつ、でも中々青い温泉に泥マスクして入ることはないので良い思い出ができました。
帰りは時間通りにバスが待っていました。空港行きのバスや他の催行会社のバスもありますので間違えないように。
特に難しいことはなかったです。スムーズなツアーでした。



評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2018/05/04
この体験談は参考になりましたか? [はい]

温水プール

投稿者: KUMAPAPA, 2018/04/14

ブルーラグーンは欧州の温泉と同じように、水着で入る事になっています。また、水温も日本の温泉より低いです。まあ、お湯の色は確かに青いです。

評価:
利用形態:小さなお子様連れ
参加日:2018/04/01
この体験談は参考になりましたか? [はい]

手順が少しわかりにくい

投稿者: てんてん, 2018/04/14

バス停ピックアップ後、バスターミナルで大型バスに乗換える形。バウチャーは持参してたが、どーしたらよいのかわからず、どうやら、受付窓口でブルーラグーンのチケットに引き換え、レシートみたいなのをもらえるので、時刻が決まってるバスに乗る。施設のチェックインもそれを見せて、バスタオルをもらう。ロッカーはややこしいけど、常に係員がいるから教えてくれる。水着レンタル700ISK。シリカ泥とドリンク1杯付。帰りは好きな時間に、1時間1本のバスに乗るが、混んでるので、早めに乗り場に行った方が良い。ここで、始めのレシート見せろと言われるので、なくさないように。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2018/04/04
この体験談は参考になりましたか? [はい]

快適

投稿者: karukaru, 2018/04/07

空港からブルーラグーンまでは距離もあるのでレンタカーでもない限りこのツアーを使うのが便利です。帰りも時間さえ調べておけば急ぐこともありません。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2018/03/13
この体験談は参考になりましたか? [はい]

良かった

投稿者: Kazu, 2018/04/07

良かった。ブルーラグーン自体は良いが価格が高すぎるのが難点。昼と夜で雰囲気が変わるので、夕方から夜にかけて行くのがおすすめです。


評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/03/19
この体験談は参考になりましたか? [はい]

お肌ツルツル!行って良かった!(参考になるよう体験してとまどったり、わかりにくかったところを書きます)

投稿者: Momo, 2018/03/24

次の日空港発だったため、空港ホテル近くのホテルをとっていたので、ブルーラグーンのチケット込みで空港行きのバスも乗れるこのプランにしました。(行きは時間指定、帰りは好きな時間に乗って良い)
空港行きのバスの最後が夕方6時代なのが少し残念でした、運行してないので仕方ないですがもう少し遅いのがあればなぁ。

午前中別のアクティビティに参加していたので、迎えに間に合うよう13時に申し込みました。(13時申し込みだとバスの迎えが12:30になるので注意。私は後から変更しました)

指定のバス停に小さなバスが迎えに来ました。
大勢の人がおり、沢山のバスがきますので、間違えたり置いていかれないように運転手さんにバウチャーをみせて自己主張しましょう。

街を出たら大きなバスに乗り換えます。
建物に入り、カウンターでバウチャーをみせ、レシートのようなチケットと引き換えます。
(一枚で人数分かつ往復分なので無くさないように!)
そこでもレイキャビク行きや空港、ブルーラグーン行きのバス等複数止まっているときがあるので、乗り間違えないようにしましょう。バス運転手さんにブルーラグーン行きか聞くと、違うとかそうとか教えてくれます。

ブルーラグーンに着くと直ぐに荷物預けが有ります(有料)、大きな荷物は預けましょう。
大きさによっては持ち込めるようで、友達の中型のスーツケースは預けましたが、私の28リットルのバックパックは持ち込めると荷物預けのお兄さんが教えてくれました。

ブルーラグーンの建物に入ってから受付まで暫く並びました。
バスの乗り換えの際チケットと引き換えにバウチャーを回収されてしまっていたので、建物のフリーWi-Fiでバウチャーを表示し受付でみせたところ大丈夫でした。
受付ではタオルや腕輪等をわたされます。
腕輪でロッカーの解錠施錠、ブルーラグーン内での飲み物を買った際にもこれを店員さんの出したセンサーにかざします。(はずれやすいので温泉で無くさないように気をつけてくださいね)。

靴は各ロッカー室の入るところに置く場所があります。
ロッカーの施錠の仕方がちょっとわかりにくいので、海外の方も何人か戸惑ってました。
やり方はうろ覚えですが、確か自分のロッカーの左右どちらかにかざす場所があるので腕輪をかざします。反応したらカウントダウンの音が鳴ってる間にロッカーの扉をしめます、そしてもう一度鍵をかざせば閉まります。開けるときはかざすだけだったと思います。

シャワーを浴びて水着をきてブルーラグーンに入ります。顔は風で寒いですが、身体は程よい温度でぽっかぽかでずっと入ってられそう!
場所によっては156センチの私の顎までの深さがあります。
端によると浅くなっていて、脚を岩にぶつけました。いてて。

バーで飲み物を頼み腕輪をかざし受け取ります、ちゃぷちゃぷと移動し途中で一旦置こうとしたところ、段差で殆ど溢しました(涙)皆さん気をつけて!
飲み物は込みのプランだったのですが、普通に買うと千円くらいしたと思います。
橋の下などにフリーの水の蛇口もあります。

一通り泥パックや飲み物を楽しんだあとは、シャワーを浴びて(靴箱横の鏡の前にドライヤーもあります)着替えて出たところに、精算があれば精算のカウンターへ、なければそのまま改札のようなゲートへ行き、腕輪をかざすと、何もなければ回収の蓋が開きますのでそこに腕輪を入れて出るだけです。

レイキャビクの街にもありますが、建物内にはレストランや泥パック等を売ってる売店もあります。

入り口に戻り預けていた荷物を回収したあと、時間になるとバスが何台かきているときがありますので、行き先が自分が乗るバスか確認して乗りましょう。
(バスチケットは後からバス中で回収しにきます)


バスの乗り換えなどのことはバウチャー等に説明があるともっと良かったかと思います。

全体的としてタオルや飲み物、送迎込み込みでは妥当なお値段かと、ただ泥パック込みと書いてありますが、ブルーラグーン内のカウンターでもらう白い泥パックは元々無料?で、お店で売ってるものを使うときは有料みたいです。

お湯に髪の毛がつくとガシガシになりますが、お肌はツルツルになりました!

行って良かったです!






  • ビバ!ブルーラグーン!皆スマホで写真とってる

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2018/03/11
この体験談は参考になりましたか? [はい]

憧れのブルーラグーンだから

投稿者: www.yoshihiro.is, 2018/03/18

もう憧れのブルーラグーンでしたから、
昼と夜に二度来ちゃいました。
夜はLAVAレストランの予約券付き!!
でもここがミソです、
予約券では予約されてないんですね。
日本からのアポをお忘れなく!!

天候不良でオーロラツアーが全滅の中、
幸運にもラグーンからオーロラを眺むことができて至福のひと時でした。

ここまできたし、レストランを奮発して正解でした、テンダーロインのステーキめちゃくちゃ美味しかったです。



評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2018/03/01
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ブルーラグーン、、、暖かな所を連想しますよね!!

投稿者: ほーねん★, 2018/03/18

午前中を市内観光にあて、午後からのピックアップをお願いしました。途中からは圧雪路の状態で、雪に突っ込んでいる車もありました。バスセンターで渡されたバーコードの紙を、comfortと表示されたカウンターに渡します。ロッカーのカギや、ドリンクサービスに使うリストバンド、バスタオルをもらい、着替えてシャワー済ませていざ外へ!すご~く広い!寒い!ザブン!冷たい!湯温37℃ってこんなに冷たいのかと少し後悔しながら、うろうろ。シリカで濁った感じは日本人には癒しになりますが、全く温まりません。温水の吹き出し口を見つけて、しばらくそこでじっとしてました。サウナとその横の打たせ湯?が暖かいです。何とか温まってからドリンクバーへ。冷めてきた体でも冷たいビールがうまい。外国人のタトゥー割合はかなり高いです。思わず見入ってしまう事もありました。3時間半を過ごし帰りのバス時間に合わせて出口へ。リストバンドをかざすと返却口が開きます。


評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/03/10
この体験談は参考になりましたか? [はい]

広大な温泉プール

投稿者: TSF, 2018/02/26

とても広く美しいスパでした。2月訪問だったので外気は冷たかったのですが、プールの中は温かくて心地よかったです。少々高めのお値段ですが、アイスランド訪問の際は行くべき場所ですね。


  • とっても広い。


  • ビールやジュースが飲めます。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2018/02/22
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エリアからツアーを探す

時間が自由に選べる☆ブルーラグーン日帰りツアー<空港お送り可/レイキャヴィーク発>の参加体験談 | アイスランド(レイキャヴィーク)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

時間が自由に選べる☆ブルーラグーン日帰りツアー<空港お送り可/レイキャヴィーク発>の参加体験談 | ミルキーブルーのお湯で有名な、世界最大の露天風呂「ブルーラグーン」への日帰りツアー!予定に合わせてお迎え&お送り時間が選べるのはもちろんのこと、お送り先も市内と空港から選べるフレキシブルなツアーです。