アンブロジアーナ絵画館 (観光情報) (観光情報) | ミラノ観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
アンブロジアーナ絵画館
3.97
イタリアのミラノには様々な観光スポットが存在します。そのなかでも、是非おすすめなのが、アンブロジアーナ美術館です。街の中心であるドゥオーモから歩いてすぐのところにアンブロジアーナ絵画館があります。この絵画館は、ロンバルディア派、ヴェネツィア派を中心とするものであり、時代ごとに仕切られた23室でできています。有名な作品としては、レオナルドダヴィンチの「斈師の肖像」、ラッファエッロの「アテネの学童」のデッサン、ボッティチェッリの「天涯の聖母子」、カラヴァッジオの「果物の篭」などが展示されています。
歴史
るアンブロジアーナ絵画館の歴史は1607年に創立されました。その後1609年に世界初の公共図書館として開館されて、その後様々な寄贈によって、素晴らしいコレクションが展示される絵画館になりました。現在では絵画館の他に美術学校の役割も果たしています。

見どころ
このアンブロジアーナ絵画館の見所は、展示物のみならず、壁一面にモザイク画が施されており、まさにルネッサンスの雰囲気に浸れ、ミラノの雰囲気を味わう事ができます。日本にはあまりない建物であり、感動する事間違いなしです。また、特に、誰もが知っているレオナルドダヴィンチの作品を近くで見れれる事は、とても貴重な経験であり、ミラノに訪れた際には必ず立ち寄るべきスポットと言えるでしょう。さらに、図書館も併設されており、映画に出てくるような日本ではあまりない雰囲気の図書館です。イタリアのミラノに行った際には、是非一度足を運んで、イタリアの歴史に触れてみてください。

アンブロジアーナ絵画館の新着体験談

オープンデッキバス最高!

2019/07/08 小さなお子様連れ nagaくーらん

とにかく気持ちが良いです。
太陽と風、見晴らしの良いオープンデッキから見る、見ラノ。
石造りの重みのある街並み、路面電車、イタリア・フランス・ドイツなどの
欧州車と日本車の共演って感じです。ヨーロッパの都市でも美しい街でした。

4ルート乗り放題♪

2019/06/26 ひとりで Yuko

以前、最後の晩餐を鑑賞したので、今回はサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の外観をバスから。中の見学シーンを思い出しました。
サッカーファンではない私はこのバスに乗らなかったスタジアムは見れなかったでしょう・・・。空き時間に主要な場所を... 続きを読む

閉じる

赤・青・緑・黄の4ラインがあり、楽しめました。しかしバウチャー発券に問題あり。事前予約のメリットを感じませんでした。

2019/05/03 カップル・夫婦 Hop-on Hop-offバス好き

Hop-on Hop-off観光バスは、シンガポール、香港、バルセロナ、ローマと各都市の観光で利用し、今回はミラノで48時間パスを予約しました。
町の観光スポットを眺めの良い二階建てバスで日本語音声を聞きながら、巡ることができました。
... 続きを読む

閉じる

初ミラノ

2019/03/26 ひとりで ヨーロッパ大好き♪

初めてのミラノ旅行だったので、48時間パスを購入し印刷したvoucherをバスガイドさんへ渡しましたが、「48時間と書かれていないし、料金をいくら払ったかも記載が無いので、2日分のパスを発行出来ない」と最初、乗ったときに言われました。
... 続きを読む

閉じる

いろいろ回れてよかったです。

2019/01/22 カップル・夫婦 にっしー

良い点
1月で寒い季節だったので2階建てバスで前に風除けがついていて天気も良くてよかったです。効率よくガイドイヤホンでみることができました。ドウオモで降りて散策しました。

悪い点
赤いホップバス以外にも2階建てバス会社あり、中央駅... 続きを読む

閉じる

母と一緒に

2015/12/25 家族 パスタ大好きボーノ

このタイプの赤いバスは、各国の観光地で乗り慣れているので、日本語のイヤホンガイドもありますし、重宝すると考えて予約をしました。思った通り観光地をめぐってくれるよいルートでした。ただ、ルートを回って入れる時間が朝10時頃から夕方17時頃でした... 続きを読む

閉じる
アンブロジアーナ絵画館 (観光情報) (観光情報) | ミラノ観光 VELTRA(ベルトラ)
イタリアのミラノには様々な観光スポットが存在します。そのなかでも、是非おすすめなのが、アンブロジアーナ美術館です。街の中心であるドゥオーモから歩いてすぐのところにアンブロジアーナ絵画館があります。この絵画館は、ロンバルディア派、ヴェネツィア派を中心とするものであり、時代ごとに仕切られた23室でできています。有名な作品としては、レオナルドダヴィンチの「斈師の肖像」、ラッファエッロの「アテネの学童」のデッサン、ボッティチェッリの「天涯の聖母子」、カラヴァッジオの「果物の篭」などが展示されています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜