レオナルド ダ ヴィンチ記念国立科学技術博物館は、展示面積は2万3000平方メートル、展示品は1万点以上の規模の大きい博物館です。科学的思考の発達と工業技術の進歩をテーマにしています。3つの建物からなり、それぞれ記念館、鉄道館、空と海の交通館とカテゴリー別に展示されています。ダ・ヴィンチのノートに描かれた装置を立体にした模型や、離れた建物には飛行機なども展示されています。 博物館であるため、学習する場所としての展示が色濃く、多くの子供達が訪れています。
歴史
レオナルド ダ ヴィンチ記念国立科学技術博物館は1953年、ダ・ヴィンチの生誕500年を記念して作られた博物館です。建物は16世紀初頭に建てられた元・修道院でその後病院などを経て改装して博物館にしたものです。内部は当時の趣を残しており、展示方法も特徴的です。

見どころ
レオナルド ダ ヴィンチ記念国立科学技術博物館はダ・ヴィンチが残した設計図をもとに、後の科学者達が製作した模型が並べられています。当時の彼が残した設計図が実現できたことを実感できるものです。また、イタリアが生んだ偉大な科学者ガリレオの発明品の模型なども多数展示してあります。ダ・ヴィンチだけでなく、科学技術に関連するものが様々展示されています。別館には本物の鉄道、飛行機の展示があり、なかには世界最初のジェット機もあります。館内には化学実験、ロボット、陶芸、(何故か)折り紙など15のワークショップがあるので、時間がある方や家族連れのお客さんなら参加してみるのもおもしろいかもしれません。博物館の中には休憩所があるので、ゆったりと一日を楽しみ、帰りはショップを覗いてみるのも楽しいものです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ミラノの人気アクティビティランキング

ミラノの観光地一覧

テーマで選ぶ

レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館 (観光情報) | ミラノ観光| VELTRA(ベルトラ)

レオナルド ダ ヴィンチ記念国立科学技術博物館は、展示面積は2万3000平方メートル、展示品は1万点以上の規模の大きい博物館です。科学的思考の発達と工業技術の進歩をテーマにしています。3つの建物からなり、それぞれ記念館、鉄道館、空と海の交通館とカテゴリー別に展示されています。ダ・ヴィンチのノートに描かれた装置を立体にした模型や、離れた建物には飛行機なども展示されています。 博物館であるため、学習する場所としての展示が色濃く、多くの子供達が訪れています。