サン・マウリッツィオ教会はイタリアのミラノ中心部に位置し、イタリアの中でも重要な女子修道院でした。現在では、修道院はミラノ考古学博物館として使用されています。建物は16世紀建築のもので、その内部にはフレスコ技法による壁画が残っており、それは市内でも一番保存状態の良いものとされています。また、庭園もあり、そこにはマクシミアヌス帝時代の城壁の一部が今でも残っており、歴史好きには嬉しい遺跡スポットでもあります。
歴史
サン・マウリッツィオ教会は1503年にドルチェ・ブオーノによって建築され、16世紀の建造物の中でも最も巨大修道院付きの教会でした。この教会はマクシミアヌス帝の遺跡があった上に建てられたもので、ミラノが西ローマ帝国の首都だったということを垣間見ることができます。また、教会内部のフレスコ画はおよそ13年の歳月をかけて修復され、当時の色彩を取り戻して再び話題となっており、時折無料コンサートが開かれます。

見どころ
教会の中では、ベルナルディーノ・ルイーニとアウレリオが描いた、ヴォールト式の天井の身廊が、16世紀のフレスコ画の壁画で美しく繊細に描かれています。反対側にはシモーネ・ペテルツァーノが最初に描いた巨大な絵が飾られています。また、聖カテリーナや聖アガタカナの婚礼時の絵画も見ることができます。ここでは1554年製のパイプオルガンもあり、10月から6月までの日曜日に訪れると、その音色を聞くこともできます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ミラノの人気アクティビティランキング

ミラノの観光地一覧

テーマで選ぶ

サン・マウリッツィオ教会 (観光情報) | ミラノ観光| VELTRA(ベルトラ)

サン・マウリッツィオ教会はイタリアのミラノ中心部に位置し、イタリアの中でも重要な女子修道院でした。現在では、修道院はミラノ考古学博物館として使用されています。建物は16世紀建築のもので、その内部にはフレスコ技法による壁画が残っており、それは市内でも一番保存状態の良いものとされています。また、庭園もあり、そこにはマクシミアヌス帝時代の城壁の一部が今でも残っており、歴史好きには嬉しい遺跡スポットでもあります。