ピアッツァ・アルメリーナ (観光情報) | シチリア島観光 VELTRA(ベルトラ)
ピアッツァ・アルメリーナは、イタリア南部のシチリア島にある、人口約2万2000人の基礎自治体(国の行政区画の中での最小単位で、自治制度があるもの)です。街の中心は、標高700メートルの山の上にあります。世界遺産「カザーレ別荘跡」があるのは、ピアッツァ・アルメリーナの町から約5キロメートル離れた、緑豊かな山間部です。古代ローマ時代に建設された別荘は、床全体にモザイク形式の彫刻が施され、ローマ時代の隆盛を感じさせます。広さも桁違いで、当時の所有者の経済力をうかがわせます。モザイク床の他にも、水道設備や浴場施設の跡があります。
歴史
ピアッツァ・アルメリーナは、古代ローマの植民都市として栄えた町です。 1世紀~5世紀にかけて発展を遂げ、イタリアと北アフリカ地域の連絡地域となりました。 現在も残されている町の景観は、11世紀にノルマン人によってつくられたものです。

見どころ
ピアッツァ・アルメリーナといえば、世界遺産「カザーレ別荘跡」です。町から約5キロメートル離れた所にひっそりと建つこの遺跡は、古代ローマ時代の貴族の別荘でした。屋敷の面積は3,500平方メートルあり、約40もの部屋を持っています。その部屋のほとんどは、ローマ帝国やギリシャ神話に因んだ絵が描かれた見事な床モザイクで飾られています。この床モザイクは、現代に残る古代ローマ時代の床モザイクの傑作とされています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ピアッツァ・アルメリーナ | シチリア島観光| VELTRA(ベルトラ)

ピアッツァ・アルメリーナは、イタリア南部のシチリア島にある、人口約2万2000人の基礎自治体(国の行政区画の中での最小単位で、自治制度があるもの)です。街の中心は、標高700メートルの山の上にあります。世界遺産「カザーレ別荘跡」があるのは、ピアッツァ・アルメリーナの町から約5キロメートル離れた、緑豊かな山間部です。古代ローマ時代に建設された別荘は、床全体にモザイク形式の彫刻が施され、ローマ時代の隆盛を感じさせます。広さも桁違いで、当時の所有者の経済力をうかがわせます。モザイク床の他にも、水道設備や浴場施設の跡があります。