ため息橋 (観光情報) (観光情報) | ヴェネツィア観光 VELTRA(ベルトラ)
ため息橋は、16世紀に架けられた、ベネチアにある橋のひとつです。白い大理石で建造され、覆いと格子の付いた窓のある橋です。ドゥカーレ宮殿にある尋問室と古い牢獄を結んでいます。橋の下の水路へはゴンドラに乗って行くことができ、ベネチア観光の人気コースになっています。ロマンチックな言い伝えもあることから、特にカップルに人気の定番スポットです。
歴史
ため息橋の名前は、独房に収監される囚人が「ベネチアの素晴らしい景色を見るのもこれで最後」とため息をついた、という事から付けられました。命名したのは、ジョョージ・バイロンで、19世紀のことでした。 ため息橋から見る眺めは、投獄される囚人がこの世で最後に見るベネチアの風景だったのです。ただし、橋が建設された頃は、すでに取り調べや略式の刑執行は無くなっていました。宮殿にある独房も短期刑の囚人ばかりでした。

見どころ
ため息橋を眺めるスポットとして有名なのは、ドゥカーレ宮殿の側にあるバリア橋です。 ため息橋から見えるベネチアの景観も、ゴンドラから見る白いため息橋も人気があります。 言い伝えによると、「日没の時間にため息橋で、恋人同士がゴンドラに乗ってキスをすると、永遠の愛が約束される」そうです。 その為、多くのカップルが観光に訪れる定番スポットになっています。また、この言い伝えをモチーフにした映画なども制作されています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ヴェネツィアの人気アクティビティランキング

ため息橋 (観光情報) | ヴェネツィア観光| VELTRA(ベルトラ)

ため息橋は、16世紀に架けられた、ベネチアにある橋のひとつです。白い大理石で建造され、覆いと格子の付いた窓のある橋です。ドゥカーレ宮殿にある尋問室と古い牢獄を結んでいます。橋の下の水路へはゴンドラに乗って行くことができ、ベネチア観光の人気コースになっています。ロマンチックな言い伝えもあることから、特にカップルに人気の定番スポットです。