ムラーノ島 (観光情報) (観光情報) | ヴェネツィア観光 VELTRA(ベルトラ)
イタリアの渡航安全情報
観光情報

ムラーノ島

4.23
ムラーノ島はイタリア・ベネチアの本島から北東にあり、マラニ運河に沿って位置します。ベネチア本島からは、水上バスに乗って15分ほどで到着することができます。島は、7つの小さな島で構成されていて、人口は約6000人ほどの小さな島です。この島に観光客が訪れる理由は、世界的に有名なベネチアン・グラスの産地だからです。島内には、ムラーノ・ガラス美術館やガラスのオブジェが飾ってありおみやげ屋さんも多数あります。
歴史
ムラーノ島の歴史は古く、452年にベネチア本土にあるアルティーノという町が、アッティラ王率いる蛮族の侵攻によって町は破壊されました。アルティーノの住人はこのためヴェネタ潟の小さな島に避難したのが島の起こりとなっています。ベネチアに編入される12世紀までは自治権を持ち、独自通貨などで生活していました。13世紀になると、ベネチア本島からガラス製造工場が移され、ベネチアンガラスの産地として発展しました。

見どころ
ムラーノ島の見どころは、ベネチアンガラスです。今でもムラーノ島では多くの工房が軒を連ねていて、豊かな伝統を受け継いでいます。ムラーノ・ガラス美術館ではベネチアンガラスを作る工程を見ることができ、また購入することもできます。ガラス製造の建物は、古代ローマ貴族がゴシック様式建築で建てた邸宅であり、トルチェッロの司教の邸宅でもありました。また、ムラーノ島内にあるサン・ピエトロマルティーレ教会には、パオロ・ヴェロネーゼとジョヴァンニ・ベッリーニの画があるのでおすすめです。

ヴェネツィア人気アクティビティランキング

ムラーノ島の新着体験談

ヴェネツィア 離島めぐりツアー ムラーノ島&ブラーノ島&トルチェッロ島 <貸切/日本語アシスタント>

プラーノ島

2022/08/03 カップル・夫婦 kazuko

2島めぐりのコースにしました。
イタリアに着いてから主人が熱中症気味で体調に波があり、無理をしないため1島だけにし、おススメのブラーノ島に行きました。
島はとても美しく可愛らしく、他にはない風景。小さな島なので街歩きも体力を使わず楽しめ... 続きを読む

閉じる
ヴェネツィア 離島めぐりツアー ムラーノ島&ブラーノ島&トルチェッロ島 <貸切/日本語アシスタント>

ブラーノ島・ムラーノ島

2022/03/20 家族 とくめい

オバタさんのガイドがとても良く、頼んでよかったです。距離感も程よくリラックスして過ごせました。他の方にもおすすめしたいです。

ムラーノ島 ガラス工房見学&ブラーノ島 <英語ガイド>

効率良く回れます

2021/08/23 ひとりで HIRO

ムラーノ島・ブラーノ島を効率よく回れます。この島々は、水上バスでも訪れることができますが、専用ボートだったので、時間のロスがなくおすすめです。また、ガイドさんが、船から見えるものの説明をしてくださるので、2島以外の様子もよく分かりました。暑... 続きを読む

閉じる
ヴェネツィア 離島めぐりツアー ムラーノ島&ブラーノ島&トルチェッロ島 <貸切/日本語アシスタント>

充実な日

2020/03/21 家族 くろまめ

担当の方がとても丁寧で楽しいツアーになりました。
個人ではわからないようなところもたくさん教えてくれてよかったです。

ムラーノ&ブラーノ&トルチェッロ島 3島訪問ツアー<英語ガイド>

コロナ事件

2020/03/09 友達・同僚 もけた

コロナの影響で、どこもツアーを催行していない中、唯一催行していました!
ヴェネチアのすべての施設が閉まっていて、やることもなかったので、とても有意義な時間が過ごせました。
参加者の少ない中、添乗員さんもしっかり案内してくださりました。

ムラーノ&ブラーノ&トルチェッロ島 3島訪問ツアー<英語ガイド>

外国人が多いですが、特に問題のないツアー

2020/03/01 カップル・夫婦 ともひろ

2020年2月に新婚旅行で利用しました。前日の予約にも関わらず、値段も安くお得なツアーでした。
最初の集合場所が少しわかりにくい場所にあるので注意です。宮殿の目の前にあると思っていましたが、少しずれていました(グーグルマップを使うと簡単に... 続きを読む

閉じる
ムラーノ島 (観光情報) (観光情報) | ヴェネツィア観光 VELTRA(ベルトラ)
ムラーノ島はイタリア・ベネチアの本島から北東にあり、マラニ運河に沿って位置します。ベネチア本島からは、水上バスに乗って15分ほどで到着することができます。島は、7つの小さな島で構成されていて、人口は約6000人ほどの小さな島です。この島に観光客が訪れる理由は、世界的に有名なベネチアン・グラスの産地だからです。島内には、ムラーノ・ガラス美術館やガラスのオブジェが飾ってありおみやげ屋さんも多数あります。