サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会 (観光情報) (観光情報) | ヴェネツィア観光 VELTRA(ベルトラ)
サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会は、ベネチアのサン・ポーロ地区にある、カトリック教会の建造物です。カンパニーレと呼ばれる鐘楼は、ベネチアで2番目に高いので、目印になります。外観は、ゴシック様式で、レンガ造りの圧倒的な存在感を感じます。教会内部は、ベネチアで唯一現存する内陣仕切りがあり、多くの美術品が展示されています。比較的観光客が少ない場所にあるので、芸術作品をゆっくりと見て回ることができます。
歴史
サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会の歴史は、13世紀に遡ります。1225年、フランチェスコ協会の修道士たちは、ベネチアにサンタ・マリア・フラーリ教会を建築しました。1330年頃から、ゴシック様式の教会建築が始まり、1492年に現存のサンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会となりました。鐘楼は、1396年にサン・マルコと同じピラミッド型のものが建築されましたが、落雷により現在の多角形のものに再建されました。

見どころ
サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会の一番の見どころは、「ティッツアーノの聖母被昇天」です。ベネチアで一番大きい祭壇画になります。その他には、「ベッリーニの祭壇画」もおすすめです。ベネチアには入場無料の教会もありますが、ここは有料です。しかし、お金を払ってでも見るべき作品が満載です。サン・ポーロ地区は、観光客も少ないので、リラックスできます。日程に余裕があれば、ゆっくりと教会美術と歴史の余韻に浸っていただきたいです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ヴェネツィアの人気アクティビティランキング

サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会 (観光情報) | ヴェネツィア観光| VELTRA(ベルトラ)

サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会は、ベネチアのサン・ポーロ地区にある、カトリック教会の建造物です。カンパニーレと呼ばれる鐘楼は、ベネチアで2番目に高いので、目印になります。外観は、ゴシック様式で、レンガ造りの圧倒的な存在感を感じます。教会内部は、ベネチアで唯一現存する内陣仕切りがあり、多くの美術品が展示されています。比較的観光客が少ない場所にあるので、芸術作品をゆっくりと見て回ることができます。