政庁(行政長官府) (観光情報) (観光情報) | ヴェネツィア観光 VELTRA(ベルトラ)
政庁(行政長官府)は、ベネチアの中心であり、「世界でもっとも美しい広場」とも言われるサン・マルコ広場を囲むように建っています。サン・マルコ寺院を背にして、右手の回廊が続く3階建の建物が旧政庁(Procuratie Vecchie)、左手の同じく3階建ての建物が新政庁(Procuratie Nuove)です。旧新政庁の列柱が並ぶ回廊は、サン・マルコ広場を奥行きのある広場に見せています。なお、政庁の建物内には警察署などが入っており、現在も実際に使われています。
歴史
政庁(行政長官府)の歴史は、15世紀にさかのぼります。旧政庁は15世紀・16世紀に、ベネチア共和国の最高の司法府でした。この頃がベネチアの最盛期で、その後はオスマン帝国の進出により、ベネチアは海外領土を少しずつ失い、地中海の制海権を失い、衰退していきます。新政庁は、衰退期の16世紀・17世紀にベネチアの政庁が置かれたところです。後期ルネッサンス様式の旧庁舎とバロック様式の新庁舎を比べると、時代の差が見てとれます。

見どころ
政庁(行政長官府)の見どころは見事な回廊です。サン・マルコ広場を取り囲むように連なる白い列柱の回廊と、空の青との色のコントラストがとても鮮やかです。サン・マルコ広場を「世界でもっとも美しい広場」にしているのが、旧政庁・新政庁の白亜の建物と回廊と言えるでしょう。旧政庁は、列柱のアーチや窓、建物の屋上にレースのような縁飾りが付いており、採光が大きくとられ華やかです。一方、新庁舎は重厚さが前面に出たバロック様式の見事な建物です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ヴェネツィアの人気アクティビティランキング

政庁(行政長官府) (観光情報) | ヴェネツィア観光| VELTRA(ベルトラ)

政庁(行政長官府)は、ベネチアの中心であり、「世界でもっとも美しい広場」とも言われるサン・マルコ広場を囲むように建っています。サン・マルコ寺院を背にして、右手の回廊が続く3階建の建物が旧政庁(Procuratie Vecchie)、左手の同じく3階建ての建物が新政庁(Procuratie Nuove)です。旧新政庁の列柱が並ぶ回廊は、サン・マルコ広場を奥行きのある広場に見せています。なお、政庁の建物内には警察署などが入っており、現在も実際に使われています。