エッシャー美術館 (観光情報) (観光情報) | オランダ観光 VELTRA(ベルトラ)
オランダ屈指のグラフィックアーティスト、マウリッツ・エッシャーはトリックアート、錯覚を利用しただまし絵で知られています。ペンを握った手がお互いを描いているように見える「描く手」、水が上に昇っているように見える「滝」など。物理を無視したかのように見える錯視を利用した作品は、緻密な計算のうえで描かれたエッシャー独特のもの。2002年に開館したエッシャー美術館は、エッシャーの作品をインタラクティブに楽しむことができます。
歴史
1898年、オランダの都市レーワルデンに生まれたエッシャーは子供の頃から絵の才能に優れ、建築と装飾美術を学びます。スペイン旅行中、南西アフリカのイスラム教徒ムーア人のモザイク模様を見て感銘を受け、繰り返し模様の作品に取り組むようになります。その展示会は失敗したものの、紆余曲折を得て幾何学的かつ不可思議な、誰も見たことのないエッシャーの世界は完成されていくのです。その独特の作品で名声を得たエッシャー。晩年は病に苦しみますが創作意欲は衰えませんでした。最後に描くものを決めていたというエッシャーが死の直前仕上げた作品は「蛇」でした。

見どころ
ランゲ・フォールハウト広場のほど近くに建つ品格ある建物。かつて王室が所有していた「ランへ・フォールハウト宮殿」がエッシャー美術館です。この美術館は、エッシャーの世界的に有名な作品は勿論、彼が制作した緻密な木版画の版木、スケッチ、初期の写実的な風景画など貴重な150点以上が展示されています。だまし絵の世界に入るような体験ができるアトラクションは、大人も子供も楽しめます。また各部屋ごとに違うシャンデリアは、この美術館のために特別に作成されたもの。是非、天井も見上げてみて下さい。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


オランダの人気アクティビティランキング

エッシャー美術館 (観光情報) | オランダ観光| VELTRA(ベルトラ)

オランダ屈指のグラフィックアーティスト、マウリッツ・エッシャーはトリックアート、錯覚を利用しただまし絵で知られています。ペンを握った手がお互いを描いているように見える「描く手」、水が上に昇っているように見える「滝」など。物理を無視したかのように見える錯視を利用した作品は、緻密な計算のうえで描かれたエッシャー独特のもの。2002年に開館したエッシャー美術館は、エッシャーの作品をインタラクティブに楽しむことができます。