ビネンホフ (観光情報) (観光情報) | オランダ観光 VELTRA(ベルトラ)
オランダは、国土の大半が西ヨーロッパに位置しており、首都はアムステルダムですが、王宮や行政はハーグにあります。ビネンホフは、オランダ南西部の都市ハーグ中心部の一地区で、オランダの政治の中枢機関になっています。現在国会議事堂となっている、13世紀に建てられたフロリス5世伯爵宮殿や、総理府、中央官庁があります。
歴史
「中庭」という意味をもつビネンホフは、フロリス4世とその息子であるウェレム2世が邸宅を建てる為、ホフフェイファの池の隣に土地を購入したのが始まりです。そしてその後、フロリス5世が騎士の館を建てました。元々は邸宅でしたが、19世紀後半からオランダの政治の行政機関として使用されるようになりました。正門の総督の門は、ウェレム2世の騎馬像が、門を守るようにして置かれています。現在では、美しいビネンホフの建物を一目見ようと、多くの観光客で賑わっています。

見どころ
ビネンホフは、13~17世紀の重厚な建物が集まっており、ホフフェイファの池越しから眺めるクラシカルな建物との景観が美しく、絶好の撮影スポットとして人気があります。ビジターセンターでガイドツアーを行っており、門をくぐると正面にはビネンホフの中心建物である、騎士の館(リデルザール)と、上院と下院の議会を見学することが出来ます。また、北側にはマウリッツハイス美術館があり、オランダ黄金時代の世界的に有名な絵画が多数展示されてあり、代表的な絵画は、フェルメールの「真珠の耳飾の少女」や「デルフトの眺望」、ポッテルの「牡牛」などがあります。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


オランダの人気アクティビティランキング

ビネンホフ (観光情報) | オランダ観光| VELTRA(ベルトラ)

オランダは、国土の大半が西ヨーロッパに位置しており、首都はアムステルダムですが、王宮や行政はハーグにあります。ビネンホフは、オランダ南西部の都市ハーグ中心部の一地区で、オランダの政治の中枢機関になっています。現在国会議事堂となっている、13世紀に建てられたフロリス5世伯爵宮殿や、総理府、中央官庁があります。