市立近代美術館 (観光情報) (観光情報) | オランダ観光 VELTRA(ベルトラ)

新型コロナウイルス感染症、発生に伴う現地ツアーの催行状況について

世界に数多くある近代美術館の中でも、より革新的で、興味深い美術館の一つです。8年間を費やして新館とともに2012年に新たにオープンしました。印象派、野獣派(20世紀初頭のフランスの絵画運動)、キュビズム、表現派などの代表的な作品、20世紀のオランダの芸術運動(De Stijl)のコレクション、オランダの写真や家具のコレクション、1950年以降のアメリカ芸術や、イタリアやドイツの現代絵画など、実に幅広い、優れたコレクションを持ちます。
歴史
1874年に創設され、1895年に開館しました。最初は多岐の分野に渡る芸術を扱う美術館でしたが、1970代になって、近代芸術に焦点を当てた美術館になりました。美術館の本館は1891~1895年に、アドリアン・ヴィレム・ヴァイスマンの設計で、ネオルネッサンス様式で建設されました。2003年末に、消防局の要請で、建物の改修のために閉館しました。改修工事と併せて、斬新なデザインの新館がメルス・クローウェルの設計で建設され、2012年9月に新オープンしました。

見どころ
ダイナミックで充実した内容の美術館で、20~21世紀の世界のほとんど全ての芸術運動の作品を見ることができます。ポッブアートやデザインも含まれ、加えて、セザンヌ、ゴッホ、モネ、ピカソ、シャガールなどの作品も鑑賞できます。新館は「バスタブ」と称されるデザインで、歴史的な建物である本館とは全く異なり、ビジターを驚かせるほどですが、ある意味では、近代美術館に相応しい革新的な試みとも言えます。新館は、実験的作品や映像作品の展示、特別展の会場となっています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


オランダの人気アクティビティランキング

市立近代美術館 (観光情報) | オランダ観光| VELTRA(ベルトラ)

世界に数多くある近代美術館の中でも、より革新的で、興味深い美術館の一つです。8年間を費やして新館とともに2012年に新たにオープンしました。印象派、野獣派(20世紀初頭のフランスの絵画運動)、キュビズム、表現派などの代表的な作品、20世紀のオランダの芸術運動(De Stijl)のコレクション、オランダの写真や家具のコレクション、1950年以降のアメリカ芸術や、イタリアやドイツの現代絵画など、実に幅広い、優れたコレクションを持ちます。