オスロ大聖堂 (観光情報) (観光情報) | ノルウェー観光 VELTRA(ベルトラ)
オスロのメインストリート・カールヨハンガーテ通りにあります。オスローで最も重要な教会で、日常の礼拝のみならず、ノルウェー政府や王室の多くの公式行事にも使われます。2001年には皇太子夫妻の結婚式もこの教会で行われました。教会のドアは、毎日、全ての人々に開かれており、自由に、気軽に訪ねることができます。教会内にはバロック宗教芸術品とともに、1900?1950年のノルウェー芸術家による作品も多数あります。1718年に取り付けられた教会の時計は、現在ノルウェーで機能している最も古い教会時計です。
歴史
オスローの3つ目の大聖堂で、1690年代の建築物です。当時、教会の建物は完成していましたが、教会の中が完成するにはさらに長い時間を要しました。全ての内装工事が終わり、王室席などの礼拝席が完成、新しいオルガンが設置されたのは1720年代に入ってのことでした。1850年代の工事では、教会をネオゴシック様式に改装、1950年の大改修では元のバロック様式に戻されました。2006年に始まった改修工事が完了し、2010年、再び教会のドアが人々に開かれました。

見どころ
【ステンドグラス】1910年、ノルウェー芸術家ヴィゲランド作(彫刻家フィゲランドの弟)です。イエスの誕生から再生までの物語がテーマです。【バロックインテリア】1700年頃のオリジナル作品である祭壇、説教壇、パイプオルガンのフロント部の装飾が見事です。木のぬくもりが感じられ、柔らかな色合いが穏やかな雰囲気を作り出しています。【天井画】ノルウェー人画家Mohr作の比較的新しい天井画です。1936-1950年に制作されました。大きさ1500㎡で、この種の天井画としてはノルウェー最大です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ノルウェーの人気アクティビティランキング

オスロ大聖堂 (観光情報) | ノルウェー観光| VELTRA(ベルトラ)

オスロのメインストリート・カールヨハンガーテ通りにあります。オスローで最も重要な教会で、日常の礼拝のみならず、ノルウェー政府や王室の多くの公式行事にも使われます。2001年には皇太子夫妻の結婚式もこの教会で行われました。教会のドアは、毎日、全ての人々に開かれており、自由に、気軽に訪ねることができます。教会内にはバロック宗教芸術品とともに、1900?1950年のノルウェー芸術家による作品も多数あります。1718年に取り付けられた教会の時計は、現在ノルウェーで機能している最も古い教会時計です。