ノルウェー王宮 (観光情報) (観光情報) | ノルウェー観光 VELTRA(ベルトラ)
宮廷への入場道路のように、オスロのメインストリートが、まっすぐに宮廷に向かってのびています。現在は、ノルウェー国王ハラルド5世とソフィア女王の居城です。王宮からイメージするような豪華な印象はなく、淡い黄色の比較的小さな建物です。王宮内の一部公開は、夏の間の限定期間のみですが、宮殿周辺の公園は、常に一般公開されており、王宮とは思えないほどのオープンさで、自由に散策、通行ができます。公園は、広い芝生、大きな木々、池、像などで構成されており、市の中心でありながら静かで落ち着いています。
歴史
王宮の建設が開始されたのは1825年、完成したのは1849年のことでした。当時、ノルウェーはスウェーデンの同盟国で、ノルウェー独自の王室はなく、宮殿の完成後も、スウェーデン・ノルウェーの王族は、他に住居を構え続け、宮殿を使用することは稀でした。1905年に、ノルウェーがスウェーデンから独立した際に、デンマークの皇太子がノルウェー国王ホーコン7世として迎えられました。現在の王宮が、国王の王宮として使われるようになったのは、このホーコン7世の時代からです。

見どころ
【宮殿内見学】6月下旬?8月中旬のみ一般公開されます。ガイドツアーで、王宮の代表的ないくつかの部屋を見学することができます。【衛兵交代式】毎日13時30分より、王宮前で衛兵の交代式があります。【ナショナルディのパレード】5月17日はノルウェーのナショナル・ディです。この日は、王宮とカールヨハンガーテ通りでは、市民(主に子供達)のパレードがあります。多くの人々が伝統的な民族衣装を身につけ、ノルウェー国旗を手にし、この日をお祝いします。とても特別な光景です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ノルウェーの人気アクティビティランキング

ノルウェー王宮 (観光情報) | ノルウェー観光| VELTRA(ベルトラ)

宮廷への入場道路のように、オスロのメインストリートが、まっすぐに宮廷に向かってのびています。現在は、ノルウェー国王ハラルド5世とソフィア女王の居城です。王宮からイメージするような豪華な印象はなく、淡い黄色の比較的小さな建物です。王宮内の一部公開は、夏の間の限定期間のみですが、宮殿周辺の公園は、常に一般公開されており、王宮とは思えないほどのオープンさで、自由に散策、通行ができます。公園は、広い芝生、大きな木々、池、像などで構成されており、市の中心でありながら静かで落ち着いています。