ブリッゲン (観光情報) (観光情報) | ノルウェー観光 VELTRA(ベルトラ)
ブリッゲンはベルゲンの港沿いにある、ベルゲン市で最も歴史の古いエリアです。とても印象的な古い三角屋根の木造建築が並ぶ風景は、ベルゲンのイメージそのものです。14世紀から400年に渡って、ハンザ同盟の中心となったブリッゲンは、ユネスコの世界遺産に登録されています。現在、61の建物が文化遺産として保護されていますが、その多くは、今でもカフェ、オフィス、アーティストのスタジオ、ワークショップなどに使わてれいます。歴史が、現在と切り離されて存在するものではないことが実感できるような場所です。
歴史
ブリッゲンのあるベルゲンが誕生したのは、11世紀頃と考えられています。1360年頃に、ハンザ同盟のオフィスがブリッゲンに設立され、重要な交易の中心地となり、港の設備が改善されました。次第に、ブリッゲンは、ハンザ同盟の商人達に占められようになりましたが、1754年には全ての建物がノルウェー人市民に戻りました。ブリッゲンは、何度も火災で破壊されてきました。1702年の大火災では、ブリッゲン全体が灰と化してしまいましたが、間も無く、以前と同じように再建設されました。

見どころ
ベルゲン港に面しているブリッゲンの光景は絵葉書そのものです。古い木造建造物は、素朴さと力強さを感じるノルウェーらしい建物です。港に面した通りは、港の景色も美しく、建物と海を眺めながら、何度行ったり来たりしても飽きることはありません。ブリッゲンの中側の通りは、狭い通路に高い木造建築の影がかかり、中世の雰囲気に溢れています。保護されている建物ですが、自由に階段を上がって、建物を見たりすることができます。ブリッゲンにある「ハンザ博物館」は、ハンザ同盟の頃のブリッゲンの様子がわかる興味深い博物館です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ノルウェーの人気アクティビティランキング

ブリッゲン (観光情報) | ノルウェー観光| VELTRA(ベルトラ)

ブリッゲンはベルゲンの港沿いにある、ベルゲン市で最も歴史の古いエリアです。とても印象的な古い三角屋根の木造建築が並ぶ風景は、ベルゲンのイメージそのものです。14世紀から400年に渡って、ハンザ同盟の中心となったブリッゲンは、ユネスコの世界遺産に登録されています。現在、61の建物が文化遺産として保護されていますが、その多くは、今でもカフェ、オフィス、アーティストのスタジオ、ワークショップなどに使わてれいます。歴史が、現在と切り離されて存在するものではないことが実感できるような場所です。