北極教会 (観光情報) (観光情報) | ノルウェー観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

北極教会

ノルウェーの北部の町トロムソにある教会で、北極教会という名前は「ニックネーム」です。正式な名前は「トロムソダーレン教会」(トロムソ谷教会)です。教会の形がシドニーのオペラハウスに似ていることから、「ノルウェーのオペラハウス」ともしばしば呼ばれてきました。正面玄関側の十字架を備えたガラス張りの壁が、モダンで明るい印象を与え、ステンドガラスがたいへん美しい教会です。トロムソのランドマークであり、多くの観光客が訪れています。
歴史
1965年にノルウェー人建築家ジャン・インゲ・ホービッグの設計により建設されました。教会のモダンで特徴ある三角屋根は、22枚のアルミニウム加工のコンクリートパネルで造られています。1972年には、ノルウェー人芸術家ヴィクトル・スパーレ作のステンドガラスが教会の奥の壁に完成しました。この大きなステンドガラスは北欧で最大です。2005年には、グロンルント社製の素晴らしいパイプオルガンが設置されました。

見どころ
【ステンドガラス】キリストの復活をテーマにしたステンドガラスの鮮やかな色が印象的です。【パイプオルガン】フランスロマン派のスタイルですが、船の帆と氷原をイメージしたデザインが加えられ、教会の雰囲気に調和しています。2940本のパイプでできており、最も長いパイプは9.6m、最も短いパイプはわずか5mmです。【その他のインテリア】カシの木の祈り用のベンチ、柱状のシャンデリアなどの内装は、教会の簡素で厳かなスタイルによく合っています。

北極教会 (観光情報) (観光情報) | ノルウェー観光 VELTRA(ベルトラ)
ノルウェーの北部の町トロムソにある教会で、北極教会という名前は「ニックネーム」です。正式な名前は「トロムソダーレン教会」(トロムソ谷教会)です。教会の形がシドニーのオペラハウスに似ていることから、「ノルウェーのオペラハウス」ともしばしば呼ばれてきました。正面玄関側の十字架を備えたガラス張りの壁が、モダンで明るい印象を与え、ステンドガラスがたいへん美しい教会です。トロムソのランドマークであり、多くの観光客が訪れています。