ウスペンスキー大聖堂 (観光情報) (観光情報) | ロシア観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
ウスペンスキー大聖堂
4.67
(3)
モスクワのクレムリンの中にある生神女就寝大聖堂は、かつてのモスクワ大公国の母教会であり、ロシア正教会の著名な大聖堂です。大聖堂はクレムリンの大聖堂広場に接していて、1475年から1479年にかけて、イタリア人建築家アリストーテリ・フィオラヴァンティによって建設されました。ロシア語名であるウスペンスキー・サボールの前半部をそのまま転写してウスペンスキー大聖堂とも呼ばれています。大聖堂正面の広場は、ムソルグスキーのオペラ「ボリス・ゴドゥノフ」の有名な戴冠式の場面として設定されています。
歴史
1547年に、イヴァン4世の、ロシアで最初のツァーリとしての戴冠式が行われました。また1721年より、ロシア皇帝の戴冠式の舞台でした。しかしピョートル1世によってモスクワ総主教庁は廃止され、総主教庁が復活するのは1917年の2月革命の後になってからです。1917年11月21日に大聖堂では、モスクワ府主教ティーホンのモスクワ総主教着座式が行われましたが、無神論を標榜し、正教会をはじめとして様々な宗教に弾圧を加えたボリシェヴィキ政権がモスクワに移ると、モスクワのクレムリン内の奉神礼は一切禁止されました。1918年の復活大祭の挙行が、レーニンによって唯一与えられた特別の許可でした。大聖堂の資産や宝物は没収され、クレムリンの武器庫(美術館)やトレチャコフ美術館などに移転させられました。

見どころ
ウスペンスキー大聖堂の外壁は手の込んだ装飾で覆われています。内壁のイコンは12世紀に描かれ、偉大なイコン画家アンドレイ・ルブリョフとダニイル・チョールヌィによって1408年に描き直されました。ウラジーミルの生神女就寝大聖堂は、アリストテレ・フィオラヴァンティによって設計され1475年から1479年にかけて建設されたモスクワクレムリンの生神女就寝大聖堂の、モデルの一つとなりました。聳え立つ鐘楼は、ロシアの伝統と、ゴシック様式と、新古典主義の影響のもと、1810年頃に建設れました。

ロシア人気アクティビティランキング

ウスペンスキー大聖堂 (観光情報) (観光情報) | ロシア観光 VELTRA(ベルトラ)
モスクワのクレムリンの中にある生神女就寝大聖堂は、かつてのモスクワ大公国の母教会であり、ロシア正教会の著名な大聖堂です。大聖堂はクレムリンの大聖堂広場に接していて、1475年から1479年にかけて、イタリア人建築家アリストーテリ・フィオラヴァンティによって建設されました。ロシア語名であるウスペンスキー・サボールの前半部をそのまま転写してウスペンスキー大聖堂とも呼ばれています。大聖堂正面の広場は、ムソルグスキーのオペラ「ボリス・ゴドゥノフ」の有名な戴冠式の場面として設定されています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜