セルギエフ・ポサドのトロイツェ・セルギー大修道院の建造物群 (観光情報) (観光情報) | ロシア観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
セルギエフ・ポサドのトロイツェ・セルギー大修道院の建造物群
セルギエフポサドのトロイツェセルギー大修道院の建造物群は、モスクワから北へ90キロほど離れた郊外にあり、その一帯は教会建築群があるため、「黄金の環」と呼ばれています。これらは14世紀から16世紀にかけて建てられました。至聖三者セルギイ大修道院とも言われています。1345年に、ロストフ出身の修道士である聖セルギエフによって創建されたものだと言われています。ロシア正教会にとって最も重要な修道院の一つとして知られており、信仰者の精神的な支柱ともいわれています。高さ88メートルの鐘楼は、周りに高層ビルなどがないため、一層より高くそびえたって見えます。
歴史
1550年代には、モスクワ防衛のために、周囲には城塞都市が建設されました。同じく修道院にも、北東からの侵入に備えて、修道院の周囲には12基の塔を備え、約1.5キロメートルに及ぶ石壁が作られました。その後、1608年から1610年にかけて、ポーランド・リトアニア共和国によって行われたトローイッツェ・セールギエフ大修道院の包囲戦にも耐え抜いたとされています。その包囲戦は、なんと16ヶ月にも及ぶものでした。

見どころ
1993年には、セルギエフポサドのトロイツェセルギー大修道院の建造物群がユネスコ本部から世界文化遺産に登録され、観光客も増えました。都会の喧騒を離れて、ゆったりとして田舎地方の雰囲気を感じることができます。日帰りで訪れることも可能なので、事前に列車の時間を調べてから行くと良いでしょう。

ロシア人気アクティビティランキング

セルギエフ・ポサドのトロイツェ・セルギー大修道院の建造物群 (観光情報) (観光情報) | ロシア観光 VELTRA(ベルトラ)
セルギエフポサドのトロイツェセルギー大修道院の建造物群は、モスクワから北へ90キロほど離れた郊外にあり、その一帯は教会建築群があるため、「黄金の環」と呼ばれています。これらは14世紀から16世紀にかけて建てられました。至聖三者セルギイ大修道院とも言われています。1345年に、ロストフ出身の修道士である聖セルギエフによって創建されたものだと言われています。ロシア正教会にとって最も重要な修道院の一つとして知られており、信仰者の精神的な支柱ともいわれています。高さ88メートルの鐘楼は、周りに高層ビルなどがないため、一層より高くそびえたって見えます。